コタバルのカルチャーゾーンに佇む 学び舎としての歴史もある州立モスク【Masjid Muhammadi】@マレーシア クランタン

Masjid Muhammadi旅行&観光
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、マレーシア クランタン州の州都コタ・バルの中心街にあるイスラム教モスク「Masjid Muhammadi」について、実際に撮影してきた写真とともに建物の様子について紹介します。

こんな人におススメな観光スポットです
  • コタバルの観光スポットを探してる
  • 宗教建築・建造物を見るのが好き
  • モスク・イスラム建築が好き

現在マレーシアクアラルンプールに住む私たちは、2022年旧正月期間(1月末~2月初旬)にクアンタン/コタ・バル/トレンガヌ へ「マレー半島東海岸縦断旅」をしてきました。旅行中立ち寄った場所のなかから、それぞれの場所でおすすめのスポットをピックアップして写真と一緒に情報や様子をレポートします。

スポンサーリンク

Masjid Muhammadi 情報

クランタンの街の中心部、博物館や歴史的建物があつまるカルチャーゾーンの一角に佇む大きなモスク「Masjid Muhammadi」は1867年に最初の建物が建てられ、1922年に今の英国様式を取り入れた建物に建て替わったそうです。(その後増・改築済み)

コタバルのカルチャーゾーンに佇む 学び舎としての歴史もある州立モスク【Masjid Muhammadi】@マレーシア クランタン

モスクは人々の信仰の場だけではなく、1960年代ごろまではクランタンの偉大な学者たちがイスラム教について研究・講義を行い、人々が勉学に励む場所としても活躍していたのだそうです。

モスク写真

中に入って見学ができない時期だったため、撮影できた写真は外観のみ。夜に撮影したので夜の様子です。

コタバルのカルチャーゾーンに佇む 学び舎としての歴史もある州立モスク【Masjid Muhammadi】@マレーシア クランタン

大きくて立派な建物。確かに建物の様子は、イスラム様式・西洋様式が混ざり合っている感じがします。不思議な雰囲気。

ライトアップもとても美しいです。

コタバルのカルチャーゾーンに佇む 学び舎としての歴史もある州立モスク【Masjid Muhammadi】@マレーシア クランタン

開放的なデザイン

モスクへの入り口や建物自体を開放的なデザインにすることで、礼拝を行うのに快適なだけでなく、暑い日や仕事の後に皆が休む場所として利用しやすいようにしているのだそう。

コタバルのカルチャーゾーンに佇む 学び舎としての歴史もある州立モスク【Masjid Muhammadi】@マレーシア クランタン
LANI
LANI

祈りの場としてだけでなく、地域住民の信者たちの憩いの場となっているのだね。

▼開放的なデザインゆえ、外側の建物の中の様子は一部外からでもみることができます。

コタバルのカルチャーゾーンに佇む 学び舎としての歴史もある州立モスク【Masjid Muhammadi】@マレーシア クランタン
ジニー
ジニー

仲間たちの憩いの場でもあるにゃー

中の様子

Instagramの写真をお借りしています。すごく綺麗に整備されていて、『Masjid Ulul Albab』でみたようなコタバルや東海岸の伝統的なピラミッド屋根の部分もあったりして文化が混ざり合う様子も伺えます。もしまた行く機会があればぜひ中の方も見学してみたいです。

モスク前マーケット

モスクの目の前、道路を挟んで反対側には信者たちのための礼拝用の服や帽子、マットなどが売られているマーケットもありました

コタバルのカルチャーゾーンに佇む 学び舎としての歴史もある州立モスク【Masjid Muhammadi】@マレーシア クランタン

所在地

Masjid Muhammadi
住所:D1, Bandar Kota Bharu, 15000 Kota Bharu, Kelantan

アクセス

コタバルの中心街からは徒歩圏内。
クランタン「Sultan Ismail Petra空港」からモスクまでは車で約15分。

〈車/駐車スペース〉
モスクの目の前に広い駐車スペースあり。

開館時間

AM5:00 – PM10:00

モスクの中を見学する場合。男性は長ズボンや袖のある服、女性は肌と髪を隠す必要がありますので見学したい場合は服装注意です。また、礼拝者が優先となる場所ですのでルールやマナーを事前に確認し守るようにしましょう。モスクによっては礼拝時間や金曜日には見学ができない場合もあります。

入場料

無料

まとめ

クランタンの街の中心部に位置するモスクなので、その存在感は大きいです。様々な文化や様式が混ざり合う歴史を感じる建物。クランタンの街の中心部に滞在予定の方はぜひカルチャーゾーンの見学とともに見学されることをおすすめしたいです。夜のライトアップも綺麗で幻想的でしたので夜もおすすめです。クランタンに訪れる予定で興味のある方へ情報が参考になれば幸いです。

コタバルのカルチャーゾーンに佇む 学び舎としての歴史もある州立モスク【Masjid Muhammadi】@マレーシア クランタン

クランタン記事リンク一覧

本記事内容の引用元・参考リンク・サイト一覧

記事の内容は2022年2月に訪問した時点の情報です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう!
マレーシアでの日常生活やスナップ写真、新記事更新時もツイートでお知らせしています。記事についての疑問や質問、感想等もリプライやDMから頂けると嬉しいです。
\記事が参考になったなと思ったらクリックで応援お願いします/
このブログを書いてる人

2021年~夫婦でマレーシア クアラルンプール在住。
元旅行仕事人。旅行のおすすめ情報やマレーシアでの帯同生活、ペットとのくらしに役立つ情報を中心に「私自身が知りたかったこと」を軸に記事を書いています。同じような悩みを持つ方や、旅行の計画やお出かけのアイデアに役に立つと嬉しいです。
LANI(帯同)・PON(夫)・Ginnie(マレーシア生まれの保護猫)

LANIをフォローする
旅行&観光
スポンサーリンク
LANIをフォローする
マレーシア 猫と暮らすKLライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました