【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン

【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン旅行&観光
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、マレーシア クランタン州の州都コタ・バルの街にある観光スポット「Street Art Kota Bharu/ストリート・アート・コタ・バル」について、ストリートの様子やおすすめポイントなどを撮影してきた写真とともに紹介します。

こんな人におススメな観光スポットです
  • コタバルの観光スポットを探してる
  • 楽しい写真をたくさん撮りたい
  • 子どもから大人まで皆で楽しめるスポットが知りたい

現在マレーシアクアラルンプールに住む私たちは、2022年旧正月期間(1月末~2月初旬)にクアンタン/コタ・バル/トレンガヌ へ「マレー半島東海岸縦断旅」をしてきました。旅行中立ち寄った場所のなかから、それぞれの場所でおすすめのスポットをピックアップして写真と一緒に情報や様子をレポートします。

スポンサーリンク

Street Art Kota Bharu 情報

クアラルンプールから北東、マレー半島の反対側東海岸北端に位置するクランタン州、州都の街「コタ・バル」。

マレーシア国内の大きな街へ行くと、どこの街でも必ずと言っていいほど見かけるウォールアートのスポット。SNS時代のトレンドの流れを感じます。クアンタンでは素敵な出会いもありました。

コタバル街歩きの最中にもストリートを見かけたので、ふらっと立ち寄ってきました。そこは光と闇のアートが存在する場所でした。楽しい部分と、考えさせられる部分が両方あった ということなのですが、その意味を壁画の写真とともに紹介します。

【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン
メインストリートへの入り口

おすすめなポイント

  • メイン通りは歩行者天国だから安全
    →車が通らないので安心して楽しめる
  • アートがとにかくダイナミック
    →絵が大きく描かれているので見応えがある
  • 光の部分と闇の部分がある
    →楽しいだけでなく考えさせられるアートも

アートストリートの様子レポ

メインアートゾーン

地面に絨毯のアートが描かれた場所がアートストリートメインの場所。道幅もとても広く車も通らないので安全に楽しめます。

【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン

左右全面と地面にまでアートがあるのでカラフルで撮影も楽しいポイント。

【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン

▲でも正直、ここはコタバルというよりも中東の雰囲気。(恐らく国旗の絵がパレスチナなのでパレスチナの人々が描かれているのかもしれません)

【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン

▲ラクダが可愛かったので一緒に撮影。まだ砂漠では未経験なので、砂漠でラクダウォークするのが夢。

クランタンアートゾーン

メインストリートから通りを挟んでちょうど反対側にあるストリートには、クランタンの人々や文化が描かれたアートが色々あります。

【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン

▼クランタンの田園風景。伝統工芸品の凧、ワウも空に浮かんでいます。

【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン

▼私が個人的に気に入った場所。ナシクラブの屋台とバナナの木の下に佇むおじさん。

【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン

▼クランタンの伝統工芸や伝統芸能、伝統衣装などがダイナミックに描かれています。

【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン

▼クランタンの人々の生活の一コマなアート。

【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン

いろいろ考えさせられるゾーン

一番広いメインのアートゾーンから奥の方に進んでいくと、突然雰囲気ががらっと変わります。そこには目を背けてしまいそうになるアートも多々ありました。絵でも血をみるのが苦手な人は閲覧注意かもしれません。

【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン
【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン
【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン
【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン

壁画に書かれていたマレー語のメッセージを翻訳でみてみると「パレスチナの仲間はイスラム教であり、私たちがパレスチナを助けなければならない」というような内容が書かれていました。

予め明言しておきますが、私はこのブログで政治や宗教、国の立場などに意見するつもりは一切ないです。ただ、このようなメッセージが込められているという事を抜きにしても、いまも世界の様々な場所でこのようなことや場面が起きていることは事実であり、人々が平和について考えるきっかけになるのであれば一見の価値があるアートでもあると思いました。

▼この記事が分かりやすかったので、パレスチナとマレーシアの関係について知りたい方は読んでみると参考になると思います。

パレスチナ問題に関しては、国家や宗教によってその捉え方は180度異なる複雑なものであり、自国の報道だけを見ていてもその全容にたどり着くことは容易ではなく、その糸を解きほぐすことは限りなく困難だ。

パレスチナ問題「日本人が知らない」世界の報じ方 中東の火種が東南アジアのSNS上で沸騰の理由 より

所在地

Street Art Kota Bharu
住所:Jalan Dato Pati, Bandar Kota Bharu, 15000 Kota Bharu, Kelantan

アクセス

クランタン「Sultan Ismail Petra空港」からアートストリートまでは車で約20分。
観光スポットも集まっているコタバルの中心街のなかの立地です。

〈車/駐車スペース〉
すぐそばのショップロットなどに駐車できます。

営業時間

24時間

入場料

無料

まとめ

コタバルのアートストリートはただ楽しいだけではなく、考えさせられるアートも多く少し暗い気持ちになってしまう部分もありましたが、それも含め総じてお勧めしたいなと思い記事にしました。アートストリートはただの映えスポットだけではなく、各地の人々の様々な思いが込められている場所でもあると思うので学びもあるなと感じます。建物の外なのでふらっと立ち寄ってアート作品に触れることができる気軽さもあるところも良いです。写真で紹介しきれていない場所も沢山あるので、ぜひお気に入りのアートを見つけてみてはいかがでしょうか。

【コタバル観光】光と闇のダイナミックアートが魅力のアートストリート|Street Art Kota Bharu@マレーシア クランタン
LANI
LANI

コタバル観光やお出かけ情報の参考になれば嬉しいです!

クランタン記事リンク一覧

記事の内容は2022年1~2月に訪問した時点の情報です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう!
マレーシアでの日常生活やスナップ写真、新記事更新時もツイートでお知らせしています。記事についての疑問や質問、感想等もリプライやDMから頂けると嬉しいです。
\記事が参考になったなと思ったらクリックで応援お願いします/
このブログを書いてる人

2021年~夫婦でマレーシア クアラルンプール在住。
元旅行仕事人。旅行のおすすめ情報やマレーシアでの帯同生活、ペットとのくらしに役立つ情報を中心に「私自身が知りたかったこと」を軸に記事を書いています。同じような悩みを持つ方や、旅行の計画やお出かけのアイデアに役に立つと嬉しいです。
LANI(帯同)・PON(夫)・Ginnie(マレーシア生まれの保護猫)

LANIをフォローする
旅行&観光
スポンサーリンク
LANIをフォローする
マレーシア 猫と暮らすKLライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました