伝統のマレー建築と彫刻で造られたピラミッド屋根の木造モスク【Masjid Ulul Albab】@マレーシア トレンガヌ

Masjid Ulul Albab旅行&観光
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、マレーシア トレンガヌ州のJertehにあるイスラム教モスク「Masjid Ulul Albab」について、実際に撮影してきた写真とともに建物の様子について紹介します。

こんな人におススメな観光スポットです
  • トレンガヌの観光スポットを探してる
  • 宗教建築・建造物を見るのが好き
  • モスク・イスラム建築が好き

現在マレーシアクアラルンプールに住む私たちは、2022年旧正月期間(1月末~2月初旬)にクアンタン/コタ・バル/トレンガヌ へ「マレー半島東海岸縦断旅」をしてきました。旅行中立ち寄った場所のなかから、それぞれの場所でおすすめのスポットをピックアップして写真と一緒に情報や様子をレポートします。

スポンサーリンク

トレンガヌ州の小さな村「Jerteh」

クアラルンプールから北東の方向、マレー半島の東海岸側に位置する南シナ海に面して長く伸びるかたちのトレンガヌ州

クランタンに向かう道中で立ち寄ったトレンガヌ州の北端にある「Jerteh」という小さな村で出会った立派なイスラム教モスクを3か所紹介します。※訪問した順番に記事を書いているため、州ごとの記事がバラバラになっていますがご了承ください。

▼こちらのモスク、前回の記事に書いた「Masjid Hadhari Jerteh」の目と鼻の先にあります。建築スタイルが全然違うし、すぐ近くなので対比して見られてすごく面白かったです。

Masjid Ulul Albab 情報

古く老朽化していたモスクを建て替え、2012年に建設されたJerteh、Besutの木造イスラム教モスク。地元Besutの彫刻家がモスク全体の彫刻を手掛けているそうです。また、モスクのデザインはクランタン州にあるマレーシア最古のモスクである「カンポン・ラウ・モスク」を参考にしたのだそう。

マレーシアの伝統建築と彫刻で造られたピラミッド屋根の木造モスク【Masjid Ulul Albab】@マレーシア トレンガヌ
本家 カンポンラウモスク とは?

こちらは300年の歴史があるマレーシア最古のモスクと言われるクランタン州にある木造モスク。釘を一本も使わずに建てられているモスクという事でも有名なのだそうです。

カンポン・ラウ・モスク · Jalan Tok Nek, 16200 Tumpat, Kelantan, マレーシア
★★★★★ · モスク

このモスク、水害から守るために今の地図の場所に移転していたようなのですが、2022年現在ユネスコの世界遺産登録を目指すために、元あった場所にモスクを移転(戻す)するプロジェクトが進行中なんそうです。私たちも見学したかったのですが工事中という情報をみたので訪問できず。

LANI
LANI

無事移転が済むこと、世界遺産への登録も応援してます!

PON
PON

クランタン~トレンガヌ周辺にはモスクだけじゃなくこういう木造マレー建築の建物がたくさんあったよ。

モスク写真

中に入って見学ができない時期だったため、撮影できた写真は外観のみ。参考写真をところどころInstagramより引用させていただきます。

マレーシアの伝統建築と彫刻で造られたピラミッド屋根の木造モスク【Masjid Ulul Albab】@マレーシア トレンガヌ

モスクは3階建て。水害や動物の侵入から守るため、伝統的な高床式で建てられています。

マレーシアの伝統建築と彫刻で造られたピラミッド屋根の木造モスク【Masjid Ulul Albab】@マレーシア トレンガヌ

いつもよく目にしているドーム型のモスクとは様式が全く異なるのでとても新鮮でした。重なったように見えるピラミッド型の屋根も大きく立派で、とても美しいモスクです。

マレーシアの伝統建築と彫刻で造られたピラミッド屋根の木造モスク【Masjid Ulul Albab】@マレーシア トレンガヌ

写真だと分かりにくいかもしれませんが、屋根の下や手すりの部分には見事な彫刻の装飾がついています。

マレーシアの伝統建築と彫刻で造られたピラミッド屋根の木造モスク【Masjid Ulul Albab】@マレーシア トレンガヌ

中の様子

Instagramの写真をお借りしています。伝統の木造建築の技がとても美しいです。もしまた行く機会があればぜひ中も見学してみたいですね。

所在地

Masjid Ulul Albab Seberang Jerteh
住所:Masjid Ulul Albab, Kampung Seberang Jertih, 22000 Jerteh, Terengganu

アクセス

トレンガヌ「Sultan Mahmud空港」からモスクまでは車で約80分。
クランタン「Sultan Ismail Petra空港」からモスクまでは車で約80分。
※プルヘンティアン島へ向かう場合、船が出る「Kuala Besut」の港から車で約20分の距離。

〈車/駐車スペース〉
モスク敷地内外に駐車スペースあるものの、モスクの周囲に路駐できるスペースもありそこに停めても。

開館時間

AM5:00 – PM10:00

モスクの中を見学する場合。男性は長ズボンや袖のある服、女性は肌と髪を隠す必要がありますので見学したい場合は服装注意です。また、礼拝者が優先となる場所ですのでルールやマナーを事前に確認し守るようにしましょう。モスクによっては礼拝時間や金曜日には見学ができない場合もあります。

入場料

無料

まとめ

マレー半島の東海岸の州は特にマレー系マレーシア人の割合も多い地域のため、車で走っていてもモスクの数も他の地域以上にとても多いように感じました。伝統的なデザインから、ユニークなデザインの建物まで、それぞれのモスクに個性があって、東海岸旅の中でモスクを巡るのはとても面白かったです。Jertehの町は、ちょうど州の中間地点でモスクが立ち並ぶエリアでもあります。トレンガヌやクランタンに訪れる予定で興味のある方へ情報が参考になれば幸いです。

マレーシアの伝統建築と彫刻で造られたピラミッド屋根の木造モスク【Masjid Ulul Albab】@マレーシア トレンガヌ
トレンガヌ→クランタンの州境にある門

一度トレンガヌを出て、次の記事からはクランタン州コタ・バルの旅行記となります。

本記事内容の引用元・参考リンク・サイト一覧

記事の内容は2022年1~2月に訪問した時点の情報です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう!
マレーシアでの日常生活やスナップ写真、新記事更新時もツイートでお知らせしています。記事についての疑問や質問、感想等もリプライやDMから頂けると嬉しいです。
\記事が参考になったなと思ったらクリックで応援お願いします/
このブログを書いてる人

2021年~夫婦でマレーシア クアラルンプール在住。
元旅行仕事人。旅行のおすすめ情報やマレーシアでの帯同生活、ペットとのくらしに役立つ情報を中心に「私自身が知りたかったこと」を軸に記事を書いています。同じような悩みを持つ方や、旅行の計画やお出かけのアイデアに役に立つと嬉しいです。
LANI(帯同)・PON(夫)・Ginnie(マレーシア生まれの保護猫)

LANIをフォローする
旅行&観光
スポンサーリンク
LANIをフォローする
マレーシア 猫と暮らすKLライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました