【保存版】クチン観光のおすすめスポット15選&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!@マレーシア サラワク

【保存版】クチン観光のおすすめスポット15選&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!旅行&観光
この記事は約16分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、マレーシアのボルネオ島、サラワク州クチンの街の観光スポット情報まとめと、クチン旅を効率よく楽しむためのコツをご紹介します!この記事さえ読めばクチンへの旅行は準備万端間違いなし!

こんな人におススメな記事です
  • クチンの観光スポットどんな場所があるのかざっくり知りたい
  • クチンの旅を効率よく楽しむためのコツが知りたい
  • クチン観光やグルメスポット情報がまんべんなく知りたい
  • このブログのクチンまとめ記事が読みたい(そんなあなたのための記事!)
スポンサーリンク

Kuching クチン 情報

マレーシアの東側の島、ボルネオ島(カリマンタン島)の西側に位置するサラワク州。州都クチンは、マレー語で『猫』を意味する名前でも知られる街です。(街の名の由来には諸説あるようです)

首都クアラルンプールからは国内線で片道約1時間50分のフライト距離

街の中心地を流れるサラワク川のウォーターフロント周辺には歴史的な建物が多く残され、美しい州議会議事堂や新しい橋なども。まさに新旧が織り交ざる美しい風景も街の大きな魅力だと思います。

そんなマレーシアの猫の街クチンに、2022年4~5月ハリラヤ休暇に念願叶って旅してきました。

かなり盛りだくさんに楽しめたものの、2泊3日旅だったこと、滞在中にハリラヤ(イスラム教の断食明け休暇)の日付変更が起こったり、コロナ感染対策の名残での休館で行けなかった場所も。

私たちがクチン旅のために調べた情報と実際に見て体験してきた観光情報を、これからクチンを旅行される方にも共有して参考にしていただきたいという想いで記事を書きました!

クチン観光のおすすめ15選

クチンの観光スポット・見どころ・名物・自然公園などなど。クチンにはどんなものがあるの?クチンで何をすればいいの?の疑問にお答えします!

①クチンウォーターフロント周辺

クチンの街の新しいシンボル、州議事堂とダルルハナ橋も美しいサラワク川沿いの遊歩道。周辺は見どころ観光スポットで溢れています。

美しいクチンの風景byginniemy.com
LANI
LANI

もうね、ここでただまったりしておくだけで良いのよ。気持ち良くて景色も美しくてすべてが最高なのよ。

②サラワクリバークルーズ

クチンの美しい風景だけでなく、民族伝統芸能ショーや軽食も楽しめる盛りだくさんでまったりできる90分間のサンセットクルーズ。

③メインバザール

歴史のある古いショップハウスが並ぶ、ウォーターフロント沿いのショッピングストリート。お土産やおもしろいもの探しならここで。

【クチン観光】歴史と現代が織りなすサラワク川の美しき眺め|クチン ウォーターフロントKuching Waterfront@マレーシア サラワク

④コロニアル建築群

クチンは、西マレーシアとは全く異なる歴史を持つ地域でもあります。19世紀前後のブルネイ支配、白人王(ラジャ)の統治時代など歴史を経て建てられた古い建物や街並みも魅力のひとつ。

ガイドブックには載っていませんが、街を歩くとこんな建物たちとも出会うことができます▼

左の青の建物は、ポリスステーション。入口の門も素敵でタイムスリップしたみたい。右の白い建物はマレーシアの銀行CIMBバンクのクチン支店。夫はここのATMで現金おろしてたのですが(笑)建物が素敵でした!

テキスタイル博物館

2022年5月訪問当時、残念ながら休館が続いていましたがテキスタイル博物館の建物も歴史ある立派なコロニアル建築です。

【保存版】クチン観光のおすすめ&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!
美しい建物。伝統織物や柄などのテキスタイルに興味のある方は必見

⑤カーペンター通り/亜答門

中華系の寺院や美味しいグルメ有名店などが集まる、ノスタルジックな雰囲気のある通り。コロニアル建築群のすぐお向かいでメインバザールの1本中の通りなので歩いて楽々アクセス可能。

クチングルメ 絶品海鮮ポリッジと名物ラクサ 滞在中3度も通ったホーカー【Lau Ya Keng Foodcourt 阳春台茶室】@マレーシア サラワク
【保存版】クチン観光のおすすめ&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!
手書きっぽい看板もなかなか素敵です。

通りにはアンティークな古コインやビンテージ切手などを販売するお店もいくつか。どこか昔懐かしいようなディープな雰囲気が漂っています。

【保存版】クチン観光のおすすめ&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!

⑥モスク/寺院/宗教建築

街のシンボルでもあるクチンモスクやインディアンモスク、立派な中華系寺院もいたるところに。

1800年代前半に建てられたと言われるクチン最古の中華寺院トゥア・ペッ・コンをはじめ中華系寺院や教会なども歩いてまわれる範囲に点在しており、様々な民族が共に暮らすクチンの街の雰囲気が感じられます。

⑦猫モニュメント

猫の街と呼ばれるクチンの街中には個性豊かなかわいい猫のモニュメントがいっぱい!街を歩けば本物猫さんたちにもたくさん遭遇できます。

⑧ネコ博物館

世界中から集められた猫に関する資料やグッズ、絵画、造形などをみることが出来る猫好き必見のミュージアム。日本の招き猫もみることができるそう。

  • 営業時間
    AM9:00-PM5:00
  • 入場料
    大人(13才以上)RM3
    こども(3-12才)RM2
    2才以下の乳幼児無料
  • アクセス
    クチン中心街(ウォーターフロント)から車・タクシーで片道約20分

▼インパクト大のミュージアム入り口。

Cat-Museum
引用:DBKU公式サイト内「Cat Museum」ページより
LANI
LANI

私たちは目の前まで行き制限令も明けていたのに、まさかの休館で見学叶わず。

2022年8月現在は通常営業しているようです。

▼DBKU公式サイト内「Cat Museum」案内ページはこちら。

【保存版】クチン観光のおすすめ&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!
ネコ博物館への丘の下にはこんな大きな茶トラねこちゃんの壁画もあります
ネコ博物館 · Bangunan DBKU, Jalan Semariang, Petra Jaya, 93050 Kuching, Sarawak, マレーシア
★★★★☆ · 博物館 / 美術館

⑨ボルネオカルチャーミュージアム

2022年3月にオープンしたばかりの新しい博物館。マレーシア最大、そして東南アジアで2番目に大きい博物館です。ボルネオ島の自然・動物・歴史・文化・民族などのテーマごとの展示が目玉です。

LANI
LANI

お天気に左右されずに楽しめるアトラクションだから、雨が降ってどうしよう…昼間は外が暑くて…みたいなシチュエーションで行くのも良いかもね!

【保存版】クチン観光のおすすめ&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!
駐車スペースも広々。建物も大変美しいです

なんとまさかの!クチン滞在中にハリラヤ(イスラム教の断食明けを祝う祝日)の日が急きょ変更になってしまい、博物館へ行くはずだった日が休館日になってしまうというハプニングが起きました!

PON
PON

私たちと同じような旅行者たちが大勢、みんな同じようにミュージアム前で落胆!

びっくりしたし入ることができず残念でしたが、次回来た際には必ず訪れたいスポットです。各宗教のお正月などの祝日はお休みになるので要注意。(休館日一覧は公式サイトにてご確認下さい。)

  • 営業時間
    月~金AM9:00-PM4:45
    土日祝AM9:30-PM4:30
    ※最終入場時間はPM4時
  • 入場料
    公式サイトが更新されていなかったので確認でき次第記載します
  • アクセス
    クチン中心街(ウォーターフロント)から車・タクシーで片道約3分、徒歩だと約10分
Sarawak Museum(New) · Jalan Tun Abang Haji Openg, 93400 Kuching, Sarawak, マレーシア
★★★★★ · 博物館 / 美術館

⑩サラワクオーキッドガーデン

ウォーターフロントエリアの対岸側、州議事堂と白の宮殿アスタナ・マルゲリータ砦裏側に位置する広大なオーキッドガーデン(蘭公園)。オーキッドはサラワク州の州の花でもあります。

sarawak-orchid-garden
引用:DBKU公式サイト内「Orchid Park」ページより

園内には60種を超える蘭が約7万5千本植えられているそう。見ごたえのある美しい花々を入場無料で見学することができます。

  • 営業時間
    火~日AM9:30-PM6:00
    ※月曜日はお休み
  • 入場料
    無料
    ※カメラの持ち込みもOK
  • アクセス
    クチン中心街(ウォーターフロント)から車・タクシーで片道約15分

▼詳しくは公式ページからご確認下さい。

オーキッド・ガーデン · Kampung Istana, 93050 Kuching, Sarawak, マレーシア
★★★★☆ · 庭園

⑪サンデーマーケット

週末にクチンに滞在予定であれば、クチンの地元の人々でにぎわう食や生活の雰囲気が楽しめるマーケット散策もおすすめです。

⑫セメンゴ・ワイルドライフ・リハビリセンター

ケガをしていたり、孤児となってしまったオランウータンたちを保護し、できるだけ自然に近い環境で育てる活動をしている施設。

1日2回のフィーディングタイムに施設の森を見学することができ、オランウータンの生態を学ぶこともできます。

⑬サラワク・カルチュラル・ビレッジ

サラワク州の伝統文化や民族文化に触れることができる施設。施設内には、サラワクを代表する7つの先住民族の伝統的な家屋が建てられており、儀式・伝統工芸・音楽演奏・民族舞踊などを楽しむことができます。

また、見学者は民族衣装に着替えてサトウキビ絞りや吹き矢などの伝統文化や遊びなども体験できます。

▲施設の公式Instagramページより。民族文化により興味のある方におすすめです。

  • 営業時間
    火~日AM9:00-PM5:00
    ※月曜日はお休み
  • 入場料
    大人(13才以上)RM95
    こども(3-12才)RM60
    2才以下の乳幼児無料
    ※オンラインで購入すると大人RM10ほどお安く購入出来るようです。詳しくは公式サイトよりご確認下さい。
  • アクセス
    クチン中心街(ウォーターフロント)から車・タクシーで片道約50分
Kampung Budaya Sarawak · Pantai Damai Santubong, Kampung Budaya Sarawak, 93752 Kuching, Sarawak, マレーシア
★★★★☆ · 博物館 / 美術館

⑭グヌン・ガディン国立公園

マレーシアやインドネシアなど、世界でもごく一部の亜熱帯エリアにしか生息していないとある植物がみられると有名な国立自然公園

何年もかけて成長し、たった数日間だけ花を咲かせすぐに枯れてしまう、「幻の花」とも呼ばれる世界最大の花『ラフレシア』

グヌン・ガディン国立公園の森には、ラフレシアが自生しているエリアがありそこでは生態調査も行われており、開花情報なども発信されているので、クチンを訪れた際には要チェックです。

  • 営業時間
    AM9:00-PM5:00
  • 入場料(外国人)
    大人(18才以上)RM20
    こども(6-17才)RM7
    5才以下の乳幼児無料
  • 入場料(マレーシア人)
    大人(18才以上)RM10
    こども(6-17才)RM3
    5才以下の乳幼児無料
    ※入場チケットの購入は公園入口のみの取り扱い
  • アクセス
    クチン中心街(ウォーターフロント)から車・タクシーで片道約120分

▼公園内のラフレシア開花情報や速報なども掲載される公式サイトです

Gunung Gading National Park Lundu, Sarawak. · 94500 Lundu, Sarawak, マレーシア
★★★★☆ · 国の公園
PON
PON

クチンの街からは片道2時間とけっこう遠いけど、開花情報とタイミングが合えばぜひ見てみたいね!

本物ラフレシアに出会えなくても…

私たちの滞在中も残念ながらラフレシアの開花情報はなかったため、国立公園へは行きませんでしたがクチンの空港にはラフレシアのモニュメントがあるので、ここでの記念撮影もおすすめ。(偽物だけど…)

【保存版】クチン観光のおすすめ&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!
いつか本物がみてみたいものです

⑮バコ国立公園

クチンの中心地から北東方面に車で約30分、バコ村から更に30分ボートに乗り訪れることのできる、南シナ海に面した半島まるごとの広大な国立公園。

バコ国立公園にはボルネオ島特有の植生から貴重な野生動物たちにであうことができる多彩なトレッキングコースが18種も用意されています。

fur monkey unusual reserve
Photo by Pixabay on Pexels.com

シルバーリーフモンキー、カニクイザルの他、世界でボルネオ島にしかいないテングザルにも運が良ければ出会うことができます。また、波の浸食によってできた海食柱シースタックがみられるスポットも有名です。

ボルネオ島特有の大自然や動物たちを感じたい方に特におすすめ。公園に出かける場合は帰りのボートの時間の関係上出発は午前中早い時間推奨です。

  • 営業時間 AM9:00-PM5:00
    ※バコ村からの帰路船はPM3時が最終となるようです。
  • 入場料(外国人)
    大人(18才以上)RM20
    こども(6-17才)RM7
    5才以下の乳幼児無料
  • 入場料(マレーシア人)
    大人(18才以上)RM10
    こども(6-17才)RM3
    5才以下の乳幼児無料
    ※入場チケットの購入は公園入口のみの取り扱い
  • アクセス
    クチン中心街(ウォーターフロント)から車・タクシーで片道約120分

▼公園内のトレッキングコースの詳細などは公式サイトより確認できます

Bako National Park · マレーシア Sarawak
★★★★★ · 国の公園

クチン旅を効率よく楽しむコツ

上記の通り、クチンにはたくさんの見どころがあることがお分かりいただけたかと思いますが、ぜひクチンの空港に到着したらおすすめしたいことがありますので一緒に紹介します!

空港に到着

【保存版】クチン観光のおすすめ&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!
クチン空港の待合にあるカッコいい看板

西マレーシア(クアラルンプールなど)から東マレーシアへの国内線の場合、同じ国にもかかわらず、なんと入国審査を通る必要があります!

なので、初めての方は出口を間違えないようにご注意を。

【保存版】クチン観光のおすすめ&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!
保安検査場内には猫グッズのお店もあります!

ツーリストインフォメーションセンターへ

下調べ何もできてなくても、やるべきはこれ!!

クチン空港の到着ロビーにあるツーリストインフォメーションセンターへ寄っていきましょう。

【保存版】クチン観光のおすすめ&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!

実は私たちもクチンの事はざっくりしか知らないままに到着したのですが、ここでスタッフの方にたくさんの情報をいただいたおかげでとても充実した楽しい旅をすることができました。

【保存版】クチン観光のおすすめ&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!
リーフレットや地図も無料でたくさん手に入ります。

地元観光のエキスパートスタッフさんに「今の時期ならどこ行くのがおすすめ?」「必ず行くべき観光スポットは?」「ここはまだ営業してる?」など色々聞きまくりました。

【保存版】クチン観光のおすすめ&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!
優しく丁寧にレクチャーしてくれたお姉さん。ありがとうございました!!
LANI
LANI

びっくりするくらい親切丁寧に説明してくれて、本当にありがたかったよ!

PON
PON

グヌン・ガディン国立公園の最新開花情報も電話で担当者に直接確認してくれたり、きめ細やかなサービスが素晴らしい!女神!

Tourist Information Centre · Lot L1A, Level 1, Kuching International Airport, P.O Box 1070, Sarawak, 93722 Kuching, マレーシア
★★★★☆ · 政府機関

ちなみに小話…クチンウォーターフロントエリアの旧裁判所内にもツーリストセンターがあったのですが、そこのスタッフさんは全然やる気ないタイプの人でした。私たちが行った時の担当者たまたまかもしれませんが、空港カウンターのお姉さんとの差が激しすぎてびっくり。恐らく空港カウンターの方が問合せも忙しいのでプロフェッショナルな方がいらっしゃるのかもしれません。参考まで。

交通手段レンタカーについて

私たちはハリラヤ休暇期間だったのでWebから事前予約していましたが、レンタカーを借りたい場合は到着ロビーにたくさんレンタカー会社もあるので空きや料金をその場で比べて直接借りることもできそうです。

【保存版】クチン観光のおすすめ&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!

市内まではバスまたはタクシーの配車サービスなども使うことができます。車があれば遠い国立公園までも足を延ばしやすいですが、中心街だけでも十分観光は楽しめますよ。

まとめ

クチンの街ってマレーシア国内旅行先でも日本語の情報量が圧倒的に少ないですが、みどころ盛りだくさんで、自然あふれていて、人もあたたかくて、ほんとうに魅力的な街でした。

特に個別記事でおすすめしている場所は私たちが実際に足を運びとても良かった場所なので、これからクチンへのご旅行を控えている方への参考になれば嬉しいです!

【保存版】クチン観光のおすすめ&効率よく旅を楽しむコツ伝授します!
LANI
LANI

クチンへの旅行や観光スポットの情報収集をされている方へ、記事の内容が参考になれば幸いです。

本記事内容の引用元・参考リンク・サイト一覧
  • サラワク州観光局公式サイト内「クチン | Kuching」ページ
  • DBKU「Discover」内各施設ページ
  • 各施設公式サイト/公式SNS

クチン記事リンク一覧

クチン観光なら

記事の内容は2022年4~5月に訪問した時点の情報です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう!
マレーシアでの日常生活やスナップ写真、新記事更新時もツイートでお知らせしています。記事についての疑問や質問、感想等もリプライやDMから頂けると嬉しいです。
\記事が参考になったなと思ったらクリックで応援お願いします/
このブログを書いてる人

2021年~夫婦でマレーシア クアラルンプール在住。
元旅行仕事人。旅行のおすすめ情報やマレーシアでの帯同生活、ペットとのくらしに役立つ情報を中心に「私自身が知りたかったこと」を軸に記事を書いています。同じような悩みを持つ方や、旅行の計画やお出かけのアイデアに役に立つと嬉しいです。
LANI(帯同)・PON(夫)・Ginnie(マレーシア生まれの保護猫)

LANIをフォローする
旅行&観光
スポンサーリンク
LANIをフォローする
マレーシア 猫と暮らすKLライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました