サラワク川を見下ろす丘の上に建つゴールド×ピンクのクチンシティモスク【Masjid Bahagian Kuching】@マレーシア サラワク

サラワク川を見下ろす丘の上に建つゴールド×ピンクのクチンシティモスク【Masjid Bahagian Kuching】@マレーシア サラワク旅行&観光
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、マレーシア サラワク州クチンの街にあるイスラム教モスク「Masjid Bahagian Kuching/クチン・モスクについて、実際に撮影してきた写真とともにスポットの様子を紹介します。

こんな人におススメな観光スポットです
  • クチンの観光スポットや写真スポットを探してる
  • 宗教建築・建造物を見るのが好き
  • モスク・イスラム建築が好き
スポンサーリンク

クチンモスク 情報

クアラルンプール国際空港からフライトで約1時間50分、ボルネオ島の西側に位置するサラワク州の州都「クチン

街の西側のにぎやかなエリアからは、緩やかな丘の上に建つ金色のドームがひときわ存在感を放つモスクが見えます。それが本記事で紹介する「クチン・モスク」です。

サラワク川を見下ろす丘の上に建つゴールド×ピンクのクチンシティモスク【Masjid Bahagian Kuching】@マレーシア サラワク
街からはまるで夜空に浮かぶ宮殿のようにみえる夜のクチンモスク

歴史と建築

元々クチンモスクは1840年ごろに建てられたクチンでインディアンモスクに次いで古いモスクと言われています。

元の建物ではキャパが足りなくなったことや、サラワク州がマレーシアの州として新たに生まれ変わり、初代首相トゥンク・アブドゥル・ラーマンの命により より大きなモスクとして1968年に建てられたのが現在の建物。総工費約RM100万をかけて完成しました。

モスク写真

ウォーターフロントエリアからクチンモスクまでは歩いて5~10分ほどで行くことができます。夜と朝にお散歩がてらぐるっと歩いてきたときに撮影してきた写真で紹介します。

夜の外観・全体

入り口門の看板。サラワク州のモスク委員会「LEMBAGA AMANAH KEBAJIKAN MASJID NEGERI SARAWAK」略して「LAKMNS」のマークがモスクの形になっててかっこいい。

サラワク川を見下ろす丘の上に建つゴールド×ピンクのクチンシティモスク【Masjid Bahagian Kuching】@マレーシア サラワク

夜は結構まぶしめ光量たっぷりにライトアップされ、まさに暗闇に浮かびあがる宮殿のようで幻想的。モスクの周辺は墓地になっています。

サラワク川を見下ろす丘の上に建つゴールド×ピンクのクチンシティモスク【Masjid Bahagian Kuching】@マレーシア サラワク
レンズに光が反射してしまうほどの眩しさ。

枠に入れて撮影してみました。

サラワク川を見下ろす丘の上に建つゴールド×ピンクのクチンシティモスク【Masjid Bahagian Kuching】@マレーシア サラワク
暗闇とモスクのコントラストが、とてもいい。
LANI
LANI

最近この枠に入れる撮影の仕方が私の中で流行りつつある。

昼の外観・全体

青空に映えるゴールデンなタマネギドームとピンク色の壁とミナレット。夜とは印象がまた全然違い、少しメルヘンチックな感じ。

サラワク川を見下ろす丘の上に建つゴールド×ピンクのクチンシティモスク【Masjid Bahagian Kuching】@マレーシア サラワク

建物は真四角で対称につくられているため、どの方向から見ても美しいです。

サラワク川を見下ろす丘の上に建つゴールド×ピンクのクチンシティモスク【Masjid Bahagian Kuching】@マレーシア サラワク

中の様子

建物の中には入っていないので中の写真はInstagramからお借りしています。全面赤いじゅうたんにシャンデリアが素敵な内装。

空撮

空撮で見ると川のすぐそばの少し高い丘に建っているのが分かると思います。美しい光景です。

アラジンに登場する「アグラバー宮殿」?!

国民的ディズニーアニメ「アラジン/Aladdin」に登場する、ジャスミン姫の住んでいる王宮「アグラバーパレス」にこの「クチンモスク」が似ている!ととあるインフルエンサーさんがInstagramに投稿し、バズったみたいです(私調べ)。

確かに黄金のタマネギドームとピンク色の壁が共通しているので、どことなくアグラバー宮殿に似ているかも?

ということで、アラジンがお好きな方も必見のモスクですね。

LANI
LANI

そもそも私自身モスクの建物や雰囲気、ムガール建築に強く心惹かれるのはアラジンの世界観が大好きだからというところからもきているのかも…と気付くなど。

所在地

Kuching City Mosque/Masjid Bandaraya Kuching
住所:
332, Jalan Datuk Ajibah Abol, Kampung No3, 93400 Kuching, Sarawak

アクセス

クチン空港からモスクまでは車・タクシーで約15~20分。
クチンウォーターフロントエリアからは徒歩で5~10分。

〈車/駐車スペース〉
モスク前、モスク敷地内にも広い駐車場あり。

開館時間

AM5:00 – PM10:00
※礼拝時間は見学できない時間帯あり

モスクの中を見学する場合。男性は長ズボンや袖のある服、女性は肌と髪を隠す必要がありますので見学したい場合は服装注意です。また、礼拝者が優先となる場所ですのでルールやマナーを事前に確認し守るようにしましょう。モスクによっては礼拝時間や金曜日には見学ができない場合もあります。

入場料

無料

まとめ

クチンの街のシンボルでもある「クチンモスク」。金色のタマネギドームとピンク色の壁・ミナレットのモスクは、昼間はメルヘンチックに夜は幻想的に姿が変わるのもまた素敵です。クチンの街を訪れた際には、お散歩がてら歴史あるモスクまで歩いてみるのもおすすめです。

LANI
LANI

クチンへの旅行や観光スポットの情報収集をされている方へ、記事の内容が参考になれば幸いです。

本記事内容の引用元・参考リンク・サイト一覧

クチン記事リンク一覧

記事の内容は2022年4~5月に訪問した時点の情報です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう!
マレーシアでの日常生活やスナップ写真、新記事更新時もツイートでお知らせしています。記事についての疑問や質問、感想等もリプライやDMから頂けると嬉しいです。
\記事が参考になったなと思ったらクリックで応援お願いします/
このブログを書いてる人

2021年~夫婦でマレーシア クアラルンプール在住。
元旅行仕事人。旅行のおすすめ情報やマレーシアでの帯同生活、ペットとのくらしに役立つ情報を中心に「私自身が知りたかったこと」を軸に記事を書いています。同じような悩みを持つ方や、旅行の計画やお出かけのアイデアに役に立つと嬉しいです。
LANI(帯同)・PON(夫)・Ginnie(マレーシア生まれの保護猫)

LANIをフォローする
旅行&観光
スポンサーリンク
LANIをフォローする
マレーシア 猫と暮らすKLライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました