マレーシアの賃貸コンドミニアムでペット(猫や犬)は飼えるの?―内見時に必ず確認したい3つのポイント―

ペット情報
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、私たち夫婦が実際に現在住んでいる、猫と一緒に暮らす物件を見つけるまでのお話を書きたいと思います。

こんな人におススメな記事で
  • ペットとのマレーシア移住を検討中
  • ペットとのマレーシア渡航を控えている
  • 今後ペットを迎えるための物件を探し中
  • 現在マレーシアでペットと引越し検討中
スポンサーリンク

マレーシアの「ペット可物件」とは?

マレーシアにある「ペット可」の物件はどこなのか、情報を探していらっしゃる方は多いと思います。

私たちは、日本からの引越しの際および部屋探しの時点でまだペットは飼っておらず。
マレーシア移住後、落ち着いて準備が整い次第、様子をみて猫をお迎えすることを事前に夫婦で決めていました。

そのため、日本に居ながら物件の事前リサーチをはじめたときにまずネット上の情報で「ペット可」と出てくる物件から探し始めました。日本の賃貸だと(地域や物件により多少の違いもあるかもしれませんが)犬猫はひとくくりに「ペット可物件でないと絶対NG」という認識が当たり前。少なくとも私の経験上、日本では賃貸契約書にもその旨がしっかり記載してあり、規約違反の場合は罰金や弁償・強制退去などなど。

調べてみたものの、クアラルンプールの「ペット可物件」検索で出てくるのはたった十数件。しかも基本場所も駅から遠くて不便なところだったり、築年数がかなり経っている古めの物件だったり。そして基本的にはペット可=犬のことのようで。さらに、「ペット可物件」と出てくるコンドミニアムでも、物件側が公式的に「うちはペット歓迎です!Welcome!」と決して言っているわけではないらしく、いわゆる「ペット黙認」状態という記事も発見しました。この物件やエリアはペットを飼って住んでいる人も多いし、コンドミニアムとして禁止してる決まりもないから、ペット黙認=ペット可物件 という情報になっているように感じました。

LANI
LANI

日本みたいにはっきり区別されている感じではないの?何が正しいの?
そもそもマレーシアって賃貸でのペットへの認識、日本とは違うの?

日本と違うマレーシアでの賃貸ペット認識

日本語で調べても「マレーシアのほとんどの物件はペット禁止です、飼うなら黙認物件です」だとか、「犬は嫌われるからNG、猫はOKです」「ペットを飼う場合はペット可物件やエリアを選びましょう」というざっくりした内容しか見つからない。

PON
PON

マレーシアで猫や犬を飼っていらっしゃる方ってけっこういるみたいなのに、全員、本当にその数十件の中だけに住んでいるの?はっきりとした情報ってあまり出てこない。やっぱり黙認だからなのかな。もやもや。

そこで、クアラルンプールに住むマレー系マレーシア人の友人にお願いして、話を聞いてみました

LANI
LANI

マレーシアではペットを飼っている人は多い?

友人
友人

多いと思うよ。僕の友達もけっこう猫を飼っているよ。

PON
PON

自分の家や実家じゃなくて、賃貸で猫を飼っている人はいる?

友人
友人

KLCC近くの賃貸に住んでて猫飼っている友達がいるよ。

LANI
LANI

それってペットOKの許された物件で飼ってるの?

友人
友人

ペットがOKとか、そういうの自体あまり聞いたことがないし知らないけど…猫ならみんな普通に飼ってるんじゃない?

なるほど。そういう認識らしい。日本でも、物件によってはペット不可物件でもうさぎやハムスターがグレーゾーン?だったりして飼っている人もいると聞きます。(もちろん本来は飼う前に大家さんや貸主に許可をとるのは大前提だと思います…正直、私は日本の賃貸で動物を飼った経験がないのでわかりません。)
どうやらマレーシアでは猫はそちら側に近い?認識のようで、そもそもそんなこと気にするの?というニュアンスを感じました。さすが猫フレンドリーな国。やっぱり猫に関しては、宗教の考えが反映しているお国柄もあるのかもしれません。

一方で犬はというと、宗教的な事情であまり好まれないようではあるものの、地域性やエリア、物件によってや犬種によっても状況は猫と近いところはあるかもしれないと感じています。その根拠は後述している、今私たちが住むクアラルンプールの賃貸物件での経験に基づいています。

いよいよ現地での物件探し

あまりにも「黙認」情報が多かったので、一旦ペット可物件の枠はさて置き、普通に自分たちの希望のエリアと物件のリサーチをして内見に臨みました。また、お世話になったエージェントの方にも、猫を飼う予定があることはしっかりお伝えしていました。
ただ、猫のことを相談した時も「犬じゃないんでしょ?それなら家具の爪とぎ対策だけちゃんとしてくれれば良いわよ~」と軽い反応。やっぱりこの国ではそういう認識なんだなと改めてここでも実感しました。

gray cat near gray vase with sunflower
Photo by Cats Coming on Pexels.com

一通り内見を済ませてみて

私たちが最終的に内見できた物件は、建物の数としては3件。いずれも、いわゆる「ペット可物件」と噂されている物件ではありません。しかしながら、全ての物件においてエージェントの方には「猫は家具対策してくれるならOK」と言われました。ただ、これはマレーシア全部のコンドミニアムがそうであるという話ではなく、たまたま私たちの選んだ物件や部屋が黙認枠だった可能性もあります。

今住んでいる賃貸コンドミニアムについて

いま私たちが住んでいる賃貸コンドミニアムは、事前に猫を飼うことをエージェントの方を通してオーナーにもお伝えしてもらっています。実際にペット可物件ですと公式にアナウンスされているわけではない物件ですが、共用スペースに張り出されているコンドミニアムの規約には、「犬を飼う場合は届け出・登録をすること/ペットの共用スペースでのお散歩禁止」としか書かれてなく、さらにはコンドミニアムのミニマート内にペットフード・猫砂が堂々と販売されています。
ですので、どうやらここも結局はペット黙認物件のようです。実際に、猫のみならず犬やウサギを連れているご家族を見かけます。時々遠くの方から小型犬の吠える声も聞こえます。
犬に関していうと、見かけることがあるのは小型犬の犬種のみ。(大型犬系の犬種は見かけたことはないです。)共用スペースはダメって書いてあるのに、お子さんと一緒に可愛いトイプードルをお散歩してる親子も見ました。(MCO前の話ですが)その様子を警備員さんも微笑ましそうに見守っていて。

LANI
LANI

あれ…?これが、マレーシアなのか…。(違います。全てたまたまの可能性もあり。)

white shih tzu puppy on fabric sofa chair
Photo by Dominic Buccilli on Pexels.com

国民比率≠(ナットイコール)コンドミニアムの住人

マレーシアはイスラム圏で猫フレンドリーの国とは言っても、国民の約4割は非イスラム圏の方々です。
更に、クアラルンプール内のコンドミニアムの場合は特にだと思いますが、世界各国からの移住者や赴任者といった外国人も数多く住んでいます。なので、クアラルンプール内のコンドミニアムの話なら実際マレーシアの国民比率の話はあてにはならず、物件やエリアによっては住んでいる方のほとんどが外国人!という可能性も大いにありえます。よく考えれば当たり前のことなのですが…。
実際に私たちの住むコンドミニアムもムスリムの方をあまりみかけません。大きな外資系オフィスビルが近くに多いので外国人が多いなと感じます。あとは中華系マレーシア人と思しき方も多いです。おそらく9割の住人はムスリムの方では無いのではと思います。(もちろん宗教や信仰、動物への考えは見た目だけでは分かりませんので正確な比率は分からないです。)

ただ、猫と違って犬の場合はお散歩が必要になるので、物件内の規約のことだけでなくエリアの状況やお散歩ルートの周辺住人等の確認もマストになるかとは思います。周辺ではお散歩させずに、お散歩できる場所までは毎日車で移動することが可能な場合は例外だと思いますが。

ちなみに、私たちの住むコンドミニアムでは、駐車場にペット用カートで犬を連れていくご家族を目にすることもあります。コンドミニアムの外周辺でお散歩させているのは見たことがないので、おそらくお散歩できる公園やエリアまで車で通っているのかと思われます。私が見たことあるだけでも恐らく3~4組は犬を飼われている方がいますね。猫は把握できませんが、ミニマートの猫フードが入るたびに減ってるので確実に飼われている方が数組はいると思われます。

man in gray crew neck t shirt walking beside woman in black v neck dress
Photo by mentatdgt on Pexels.com

上記の話を鑑みると、極端な言い方ですが「猫が苦手で犬が好きな人の方が多い」「動物全般が苦手な人が多い」物件やエリアだったり、そういう方が隣人である可能性もあるので、それも忘れてはいけない事だなと思います。

クアラルンプール地区での飼育が許可される犬種や飼育ルールについて、法律・ルールの内容を調べて新たに別の記事にまとめました。犬についての情報はこちらもあわせてご参考ください。

黙認だとしても守るべきこと

ペットを飼うにあたり「ほかの住人の方々や関係者の方々に迷惑をかけないこと」はもちろん大前提だと思います。具体的には鳴き声や、吠える声の対策、排せつ物の処理方法、においや毛をまき散らかさない、等々。
私たちの住むコンドミニアムにも、「犬を飼う場合は届け出・登録をすること/ペットの共用スペースでのお散歩禁止」とありますが、そのようなコンドミニアムのペットに関する規約も守ること
暮らしの中のルールはしっかり守り、周りの人達への配慮も忘れずに行動することも大前提ですね。

similar cubes with rules inscription on windowsill in building
Photo by Joshua Miranda on Pexels.com

ペット黙認物件なのか確認する3つのポイント

これは、口コミや不動産情報サイトでもなかなかわからないことですし、はっきりとした情報が少ない気がします。
私たちの経験をもとに、内見で確認できると思うポイントを3点お伝えします。

①不動産エージェントの方に確認する

これは当たり前ですが、エージェントの方はこの手の情報に大変詳しいです。公に書いたり発信できない情報でも、対面でなら教えてくれる可能性も高いです。コンドミニアムやエリアの住人の国籍比率やペット黙認情報をはじめ、候補物件部屋の近隣住人の情報なども分かることもあるかもしれません。気になることはどんどん聞いておきましょう。

person holding gray pen sitting near laptop
Photo by energepic.com on Pexels.com

②コンドミニアムの規約を確認する

ネットで調べたりはなかなか難しいですが、我が家のコンドミニアムは共用スペースに規約が張り出されています。見つからない場合はエージェントの方にもらうか、物件のマネジメントオフィスに問い合わせて規約を送ってもらうのもひとつの方法かもしれません。物件の規約を確認しておければ色々な意味でも安心ですよね。

crop businessman giving contract to woman to sign
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

③コンドミニアム内のミニマートを確認する

これは、ミニマートがある物件の場合に限られてしまう方法ですが、ミニマートの中にペット用品が販売されていたら、それは相応の需要があることを意味していると思います。ミニマートは売り場面積が限られているので、基本的には住人たちによく売れるものを中心に商品を選定して置いていると思います。ここでペット用品を発見できたら、もしかしたらペット黙認物件なのかもと確信できる大きなポイントになるかもしれません。もしペットを厳格に禁止している建物なら、基本的に住人しか利用できないミニマートでペット用品を販売していること自体、矛盾していることになりますしね。(マレーシアで矛盾していることはあるあるなので、もしかしたらそんな物件もあったりして…?)

silver display shelf on brown sectional table
Photo by Caio on Pexels.com

他にも、知り合いや友人でその物件に住んでいるor住んでいた方がいれば様子を確認できるかもしれませんが、それはなかなかハードルが高いかもしれません。
あとは、内見時にたまたまペットを連れている方を目撃できれば良いですが、そればかりは完全に運次第ですからね。
(目撃できる可能性は低いと思います)

ただ、建物が黙認の可能性が高いと分かっても、オーナーやエージェントへの確認が一番大事なのでトラブル回避のためにもそこは何度でも強調しておきますね。

まとめ

マレーシアの賃貸コンドミニアム物件でペットが飼えるのか悩まれている方って実はたくさんいらっしゃるんじゃないのかなと思います。私たちも渡航前、物件選びの際にとても悩んでいました。なので、同じような情報を調べている方や探している方の参考になればうれしいです。

大切なペットと一緒にハッピーマレーシアライフを★by Ginnie

本記事の内容は、いわゆるマレーシアの超上級・高級コンドミニアム(新築・高層・ホテルレジデンス等)には当てはまらない話かもしれません。あくまでも私たちのレベルで住める物件や内見をした物件で調べた・経験した話や友人からの情報などをもとに記事を書いています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう!
マレーシアでの日常生活やスナップ写真、新記事更新時もツイートでお知らせしています。記事についての疑問や質問、感想等もリプライやDMから頂けると嬉しいです。
\記事が参考になったなと思ったらクリックで応援お願いします/
このブログを書いてる人

2021年~夫婦でマレーシア クアラルンプール在住。
元旅行仕事人。旅行のおすすめ情報やマレーシアでの帯同生活、ペットとのくらしに役立つ情報を中心に「私自身が知りたかったこと」を軸に記事を書いています。同じような悩みを持つ方や、旅行の計画やお出かけのアイデアに役に立つと嬉しいです。
LANI(帯同)・PON(夫)・Ginnie(マレーシア生まれの保護猫)

LANIをフォローする
ペット情報
スポンサーリンク
LANIをフォローする
マレーシア 猫と暮らすKLライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました