【キナバル山を麓から望む!】クンダサン キナバル山周辺のおすすめ観光スポット10選&アクセス情報@マレーシア サバ

【キナバル山を麓から望む!】クンダサン キナバル山周辺のおすすめ観光スポット10選&アクセス情報@マレーシア サバ旅行&観光
この記事は約16分で読めます。
スポンサーリンク

コタキナバルと言えばやはり『キナバル山/キナバル公園』。キナバル山は東南アジアの最高峰で、世界遺産に登録されているキナバル国立公園内に位置しています。

本記事では、そんなキナバル山の絶景が楽しめるクンダサンをはじめとするキナバル山周辺観光のおすすめスポットやアクセス方法、注意点など実際に私たちが旅した経験から紹介していきます。

こんな人におススメな記事です
  • コタキナバルからキナバル山周辺への観光ルートを検討中
  • キナバル山が登山なしでも近くに望める観光スポットが知りたい
  • どんな観光スポットがあるのか知りたい
  • アクセス方法のおすすめが知りたい

ー旅行計画時の我が家の会話ー

LANI
LANI

コタキナバルでどこ行く何する?海はマンタナニ島に行くから、やっぱりキナバル山を見たいよね。登山?

PON
PON

うーん、登山は準備や滞在期間が必要だから今回は厳しいね…。同僚のマレーシア人達に話したら「とにかくクンダサンに行け!」とアドバイスもらったよ。

LANI
LANI

「クンダサン」?聞いたことないけど…とりあえず調べまくる ⇒ クンダサン、面白そうなスポットいろいろある!!

という感じで、旅行計画の時点で行きたい場所を事前リサーチ。実際に楽しくキナバル山周辺・クンダサン観光をすることができたのですが、旅の当日トラブルもありいろいろ大変だったことも。

おすすめ情報とともに、トラブル談含め私たちの経験をあわせてシェアしたいと思います。

ジニー
ジニー

失敗談も参考にしてもらえたら、これからの皆さんはきっともっと楽しめると思うにゃ

スポンサーリンク

Kundasang 情報

概要

クンダサンは、コタキナバル中心街から車で約2~3時間の距離に位置する、キナバル山ふもとの高原の街です。キナバル山を望める立地で絶景スポットがたくさんあるエリアです。

また、キナバル山への登山口となるキナバル国立公園入り口もこの街にあり、キナバル登山する方も前後泊する方が多い地区で、宿泊施設も充実しています。

Expediaでクンダサンのホテルを探す

Hotels.comでクンダサンのホテルを探す

クンダサン観光おすすめスポット10選

まずは私たちが実際に立ち寄った場所や事前に調べ候補にしていた場所をおすすめスポットとして10カ所紹介します!

キナバル山周辺やクンダサン観光にどんな場所があるのか知りたい方や、実際に旅行を計画されている方へ参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

①デサファーム Desa Dairy Farm

デサファームは、クンダサンにある高原牧場

観光客が見学できるよう施設が整っており、景色もグルメも両方楽しみたい方に大変おすすめの観光スポット。

ここはツアーで組み込まれてるパターンも多いです。

②ソソディコンヒル Sosodikon Hill

ソソディコンの丘は、クンダサンにある絶景が楽しめるハイキングコース。デサファームからも近い距離にあります。

キナバル山周辺の雄大な景色を気軽に楽しみたい方、個人旅行を計画されている方に特におすすめのスポット。

ここに行くのであれば断然チャーターが便利です。※道中細くてなかなか険しいです

③クンダサン戦争記念館 Kundasang War Memorial

クンダサン戦争記念館は、第二次世界大戦でサバ州で犠牲になった豪・英兵士や捕虜たち、そして地元サバの方々を追悼するための施設

4つのガーデンが整備されており、クンダサン街中の観光スポットにもなっています。

④キナバル国立公園 Kinabalu National Park

キナバル登山への出発口でもあり、世界遺産にも登録されているキナバル公園

公園内には誰でも入ることができます。ボタニカルガーデンではボルネオ島ならではの貴重で豊かな植生たちを見学することもできます。

公園内には他にもトレッキングコース、自然歴史ギャラリー、お土産屋さん、カフェなどもあります。

キナバル国立公園 Kinabalu National Park情報
  • 営業時間(ビジターセンター)
    AM9:00-PM4:30
    ※ボタニカルガーデンの最終入場はPM3時まで
  • 入場料:外国人
    大人(18才以上) RM15(約450円)
    こども(18才未満) RM10(約300円)
    ※RM1=30円で換算した場合
  • 入場料:マレーシア人
    大人(18才以上) RM3(約90円)
    こども(18才未満) RM1(約30円)
    55才以上 RM1(約30円)
    ※RM1=30円で換算した場合
    ※在住者はVISA提示でマレーシア人料金適用可能でした。
  • アクセス
    コタキナバル中心街から車・タクシーで片道約1時間45分~。※渋滞状況や時間帯によって異なります。
キナバル国立公園 · Kinabalu Park, 89300 Kundasang, サバ マレーシア
★★★★★ · 公園

▼Sabah Parks公式サイト内「Kinabalu Park」案内ページはこちらから。

⑤ポーリン温泉&キャノピーウォーク Poring Hot Spring

第二次世界大戦中に日本軍が掘り当てたというジャングルの中にある温泉と、その近くにある地上41m高さのスリル満点なキャノピーウォーク

クンダサンの更に先、ラナウとういうエリアに位置します。

サバ州観光局公式Instagramより

私たちは今回の旅でここまで行く予定でしたが、時間の都合上諦めました。ここもツアーで組み込まれているパターン多いスポットです。温泉好きの方に特におすすめ。

近くの森やガーデンではラフレシアがみられるポイントもたくさんあるようです。(運が良ければ出会えるかも!)

ポーリン温泉 Poring Hot Spring情報
  • 営業時間
    AM8:00-PM5:00
    ※キャノピーウォークの最終入場はPM3時まで
  • 入場料:外国人
    大人(18才以上) RM15(約450円)
    こども(18才未満) RM10(約300円)
    ※RM1=30円で換算した場合
  • 入場料:マレーシア人
    大人(18才以上) RM3(約90円)
    こども(18才未満) RM1(約30円)
    55才以上 RM1(約30円)
    ※RM1=30円で換算した場合
  • キャノピーウォーク/バタフライファーム/トロピカルパーク/オーキッドセンターは別料金、詳しくは公式サイトにて。
  • アクセス
    コタキナバル中心街から車・タクシーで片道約2時間30分~。※渋滞状況や時間帯によって異なります。
ポーリン温泉 · 89300 Ranau, Sabah, マレーシア
★★★★☆ · 観光名所

▼Sabah Parks公式サイト内「Poring Hot Spring」案内ページはこちらから。

スポンサーリンク

⑥サバティーガーデン Sabah Tea Garden

サバ州の特産オーガニック紅茶「Sabah Tea サバティー」の紅茶園・茶畑。こちらもラナウエリアで、ポーリン温泉の更に先にあります。

紅茶がお好きな方にはおすすめですが、他のスポットと比べて少し場所が遠いので時間に余裕があるプランで行ける方に特におすすめです。

サバ州観光局公式Instagramより

紅茶園だけでなく、サバティーが楽しめるティーハウスやレストラン、宿泊施設もあります。

サバティーガーデン Sabah Tea Garden情報
  • 営業時間(ティーハウス)
    AM9:00-PM8:00
  • 入場料:無料
  • アクセス
    コタキナバル中心街から車・タクシーで片道約3時間~。※渋滞状況や時間帯によって異なります。
Sabah Tea Resort · KM 17, Jalan Ranau/Sandakan Kampung Nalapak, Beg berkunci, No.2, 89309 Ranau, Sabah, マレーシア
★★★★☆ · レストラン

⑦マラガンヒル Maragang Hill

キナバル山目前のダイナミックな景色を見に行くことができる、クンダサンの本格ハイキングコース

平均所要時間は3~4時間で、キナバル登山前のトレーニングにハイカーたちにも使われるコースなのだそう。

サバ州観光局公式Instagramより

ここはハイキングコースを探していた時に見つけた場所なのですが、ハイキング可能な時間が朝3時発か朝6時発のみで完全予約制のため、キナバル山周辺に宿泊される方に限られるかと思います。

素晴らしい絶景がみられそうなのでおすすめラインナップに入れました。

マラガンヒル Maragang Hill情報
  • ハイキング可能時間
    AM3時発 サンライズトリップ
    AM6時発 デイトリップ
  • 入場料:登山人数により異なります。詳しくは公式サイトにてご確認ください。
  • 予約方法:公式サイトから直接申し込むか旅行社のツアーに参加する
  • アクセス
    コタキナバル中心街から車・タクシーで片道約2時間15分~。※渋滞状況や時間帯によって異なります。
Maragang Hill Registration Center · 89308 Kundasang, Sabah, マレーシア
★★★★★ · 観光名所

⑧クンダサンマーケット Kundasang Market

クンダサンのにぎやかな街中にある地元の台所的マーケット。高原ならではの新鮮な農産物やフルーツ、サバ州やクンダサンの特産品お買い物やグルメも楽しむこともできます。

クンダサン観光でお時間に余裕があれば寄っていきたいスポット。

サバ州観光局公式Instagramより
クンダサンマーケット Kundasang Market情報
  • マーケット営業時間
    AM9:00~PM8:00
  • アクセス
    コタキナバル中心街から車・タクシーで片道約2時間~。※渋滞状況や時間帯によって異なります。
Kundasang Market · 37, AH150, Pekan Kundasang, 89308 Ranau, Sabah, マレーシア
★★★★☆ · ファーマーズ マーケット

⑨ナバル村マーケット Nabalu Village

ナバル村は、コタキナバルの街からクンダサンまでの長い道中に休憩ができるポイントの小さな街。

マーケットや屋台が立ち並んでいて、キナバル山をバックに撮影できるスポットのある公園もあります。

⑩タンパルリ橋 Tamparuli Suspension Bridge

コタキナバルからキナバル山方面に向かう道中の街タンパルリで、地元民や先住民に伝わる伝説が有名な吊り橋の観光スポット。

クンダサンに向かう道中、お時間ある方にはぜひおすすめの小さなアトラクションです。

コタキナバルからの行き方

ここからはコタキナバルの街からクンダサン、キナバル山周辺観光スポットへのアクセス方法を各種紹介します。

タクシーチャーター

私たちは旅の行程・都合的に、丸1日使って日帰りでクンダサン観光をすることに決めました。レンタカーも検討しましたが、以下の理由からタクシーを1台チャーターしました。

タクシーチャーターのメリット
  • 長時間の山道運転がプロのドライバー
  • 全員で景色が楽しめる
  • 好きなルートで柔軟にプランが組める
  • 出発や滞在時間が自由自在
  • 各地で写真撮ってもらえる
  • 教えて欲しいこともいろいろ聞ける
  • 道を調べたり駐車場探しの必要がない
タクシーチャーターのデメリット
  • レンタカーより予算は高め
  • トラブルが起きる可能性がある(当日来ないとか)
LANI
LANI

結果、私たち夫婦にとってはメリットばかりだったよ。柔軟性も高いし個人的にはとても良かった!

オプショナルツアー情報
1日タクシーチャーターなら

【コタキナバル出発】貸切チャーター車1日ツアー 約13,700円/台~

トラブルを未然に防ぐために

ちなみに今回私たちはサバローカルの大手旅行社でチャーターを申し込みました。

が!!トラブルがあったので使った会社は絶対におすすめしたくなく、記事に記載は控えます。

何があったか簡単に書くと、当日約束の時間にドライバーがホテルに現れず予約担当者にも連絡つかず。その後なんとか別ドライバーを手配してもらいましたが、謝罪の前に言い訳ばかりを並べられ疲弊しました(3日前から電波ない場所にいてメールずっとみれてなかった、とかね。)

【キナバル山周辺観光】キナバル山道中の絶景休憩ポイント|ナバル村マーケット Nabalu Village@マレーシア サバ
8時に出発するはずがもう9時過ぎちゃったよねぇ涙、の図

会社名を公表するか迷いましたが、揉めたのち遅延分返金対応してもらい解決済なのでやめます。DMかメッセージいただければ個人的にお伝えはできます。(日本人インフルエンサーの方がアンバサダーやっているみたいで、うーん、皆気を付けて…という気持ち。汗)

出発前までにしておくべきリスト
  • 信頼できそうな旅行社やレンタカー社を見つける(口コミを読んだり対応で確認)
  • 当日の確定ドライバー情報を何度も確認しておく(名前・連絡先・車の情報)
  • 当日の緊急連絡先を確認しておく(休日や祝日、早朝などでも繋がる問合せ先電話番号)
  • 集合時間は早めに設定しておく(景色を見に行くなら早すぎても悪い事はないし、出発が遅れても支障が少なくて済む)

少し手間ですが、これらが徹底できていればトラブルは未然に防げると思います。ここまでしっかり準備できていなかった私たちも今回の事で学びました。

〈参考〉タクシーチャーター1台料金
  • ちなみに私たちは2人で1日チャーター1台約RM350(約10,500円)ほどで予約しました。含まれていたのは車代・専属ドライバー・ガソリン代。ドライバーは英語可で各地入場料などは都度自分たちで支払い。
オプショナルツアー情報
1日タクシーチャーターなら

【コタキナバル出発】貸切チャーター車1日ツアー 約13,700円/台~

オプショナルツアー

決まったコースになりますが、ガイド付きで効率よく旅をすることができることを考えると、オプショナルツアー参加は楽な選択肢のひとつだと思います。

ツアーのメリット
  • コースが決まっているので自分たちで決める・調べる必要なし
  • 各地入場料など含まれており購入の手間も省ける
  • 大人数やグループでも楽々移動できる
  • 時間通りに出発する可能性がいちばん高い
  • ガイド付きで理解が深まる
ツアーのデメリット
  • コースや滞在時間が決まっていて変更できない
  • 行ける場所がメジャー観光地に限られてしまう
  • 他のお客さんも一緒になるので気を遣う必要あり

レンタカー

マレーシアでの運転が可能な方がいる場合は、レンタカーの手段もあります。

レンタカーのメリット
  • 好きなルートで柔軟にプランが組める
  • 出発や滞在時間が自由自在
  • 誰にも気をつかわず済む
レンタカーのデメリット
  • 運転者に大きく負担がかかる
  • 道を調べながら行く必要がある
  • 先々で駐車場探しする必要がある
  • ガソリン代が別途かかる

コタキナバル空港でレンタカーを借りてクンダサン観光する場合の参考価格を載せておきます。

〈参考〉レンタカー1台1日レンタル料金
  • Perodua Bezzaまたは同クラス(エコノミー) RM150(約4,500円)前後
  • Honda Cityまたは同クラス(中型車) RM250(約7,500円)前後
  • Honda HR-Vまたは同クラス(SUV) RM550(約16,500円)前後

※参考値は2022年5月空港のレンタカー会社カウンターで見た料金表から引用しています。ネット予約価格や旅行時期、レンタカー会社ごとに金額は異なりますので参考程度に。

バス

最安の方法でクンダサン観光をしたい場合や行先は1つか2つだけ、時間にも余裕がある、という場合はバスを使うことも可能だと思います。

バスのメリット
  • 圧倒的安さ(低予算で済む)
  • ゆっくりゆったり車窓を楽しめる
  • 大人数やグループでも移動できる
バスのデメリット
  • 移動に時間かかる(車の2~3倍)
  • バス停やターミナルまで行く必要がある
  • 時間通りに出発しない・来ない可能性もある

例えばキナバル公園までバスで行くには、ムルデカ広場前バスターミナルまたはイナナンのノースシティバスターミナルから出るバスでサンダカン方面行に乗り行くことができます。

〈参考〉バスでキナバル公園まで行く場合
  • 所要時間は約3時間30分、最安で1人片道RM17(約510円)という驚きの安さ。

〈料金参考サイト〉Easybookサイト内 Kotakinabalu to Ranau検索結果より

(番外)タクシー配車アプリ

Grabなどの配車アプリも利用できます。ちなみに、トラブル起きた時Grabでタクシー呼んだらいくらかかるのか試しに見た時のスクリーンショットです、価格の参考に。

【キナバル山を麓から望む!】クンダサンKundasang観光おすすめスポット10選&モデルコース紹介@マレーシア サバ

※2022年5月朝9時頃の一例です。時間帯や車種など状況によって金額は前後する場合あり。

スポンサーリンク

(番外)乗り合いタクシー

チャーターではなく、その日にタクシーを直で探すという方法も。ムルデカ広場前のタクシーターミナルでは、相乗り待ちの人たちと一緒にタクシーに乗ることもできるようです(地球の歩き方情報)。ただ、この方法は混雑日などトラブル発生リスクも高そうなのであまりお勧めできないかなと思います。

(番外)宿泊ツアーのシャトルバス

宿泊する時間的余裕がある場合、ラナウ~クンダサン地区、キナバル公園内などで宿泊付きツアーで施設を予約すると、コタキナバル市内もしくは空港から送迎してくれるところがあるようです。詳しくは各旅行社や各宿に要問合せ。

Expediaでクンダサンのホテルを探す

Hotels.comでクンダサンのホテルを探す

まとめ

以上、キナバル山周辺観光のおすすめ10カ所とコタキナバルからクンダサン方面へのアクセス方法を紹介しました。

個人的にはタクシーをチャーターするのがいちばんおすすめですが、トラブルリスクや事前確認の手間、ルートの準備を避けたい場合はオプショナルツアーを申し込むのがいちばん楽だと思います。

ボルネオ島やキナバル山周辺の大自然・絶景が楽しめる、コタキナバルから日帰りでも観光できるクンダサン周辺で素敵な旅の時間を!

LANI
LANI

クンダサン・キナバル山周辺への旅行や観光スポットの情報収集をされている方へ、記事の内容が参考になれば幸いです。

本記事内容の引用元・参考リンク・サイト一覧

コタキナバル記事リンク一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう!
マレーシアでの日常生活やスナップ写真、新記事更新時もツイートでお知らせしています。記事についての疑問や質問、感想等もリプライやDMから頂けると嬉しいです。
\記事が参考になったなと思ったらクリックで応援お願いします/
このブログを書いてる人

2021年~夫婦でマレーシア クアラルンプール在住。
元旅行仕事人。旅行のおすすめ情報やマレーシアでの帯同生活、ペットとのくらしに役立つ情報を中心に「私自身が知りたかったこと」を軸に記事を書いています。同じような悩みを持つ方や、旅行の計画やお出かけのアイデアに役に立つと嬉しいです。
LANI(帯同)・PON(夫)・Ginnie(マレーシア生まれの保護猫)

LANIをフォローする
旅行&観光
スポンサーリンク
LANIをフォローする
マレーシア 猫と暮らすKLライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました