クアンタンの街を見守る白と水色のモスク【Sultan Ahmad 1 Mosque】@マレーシア パハン

Sultan Ahmad 1 Mosque旅行&観光
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、マレーシア パハン州の州都クアンタンの街にあるイスラム教モスク「Sultan Ahmad 1 Mosque」について、実際に撮影してきた写真とともに建物の様子について紹介します。

こんな人におススメな観光スポットです
  • クアンタンの観光スポットを探してる
  • 宗教建築・建造物を見るのが好き
  • モスク・イスラム建築が好き

現在マレーシアクアラルンプールに住む私たちは、2022年旧正月期間(1月末~2月初旬)にクアンタン/コタ・バル/トレンガヌ へ「マレー半島東海岸縦断旅」をしてきました。旅行中立ち寄った場所のなかから、それぞれの場所でおすすめのスポットをピックアップして写真と一緒に情報や様子をレポートします。

スポンサーリンク

Sultan Ahmad 1 Mosque 情報

クアラルンプールから東に向かい、ちょうどマレー半島の反対側の東海岸側に位置するパハン州、州都の街「クアンタン」。

この街を見守るかのようにそびえ立つ大きく立派なモスク。元々1960年代に建てられた当時は小さなモスクだったそうですが、増え続ける人口に合わせ大きく建て直され、現在の建物は1994年に完成したそうです。モスクのデザインはオスマン帝国建築とモダンイスラム建築が織り交ざっており、針のような4本の立派なミナレットもオスマン建築の特徴のひとつなんだそう。(Islamic Tourism Centre公式サイト「Masjid Sultan Ahmad 1, Kuantan」より)

LANI
LANI

建築様式のこととか全く詳しくないのだけど、マレーシアでは宗教建築を見る機会もとても多いし興味があるので、沢山の建物を見ながら少しずつ勉強していきたいなと思っているよ。

昼のモスク

青空のような爽やかな色のコントラストが素敵な、大きくて立派なモスクです

クアンタンの街を見守る白と水色のモスク【Sultan Ahmad 1 Mosque】@マレーシア パハン

▼こちらのアングルはモスク側から見た街の中心街。まるで街を見守るように、中心街のすぐそばにモスクが建っています。

クアンタンの街を見守る白と水色のモスク【Sultan Ahmad 1 Mosque】@マレーシア パハン

こちら側の通りにはムスリム用品のお店やアラビック(中東系)スーパーも並んでおり、礼拝の時間や金曜日にはところどころお店も閉まっていました。

夜のモスク

タイミング的に夜の時間にゆっくり外観を眺めてきたのでその時の写真を並べます。

漆黒に浮かび上がる爽やかカラーのモスクもまた、昼間とは雰囲気が違って幻想的。

クアンタンの街を見守る白と水色のモスク【Sultan Ahmad 1 Mosque】@マレーシア パハン

▼モスク入り口の立派な大理石×モザイクの看板も存在感があり、細かな装飾までとても素敵。

クアンタンの街を見守る白と水色のモスク【Sultan Ahmad 1 Mosque】@マレーシア パハン

▼入り口に立つ男性との対比でそのサイズ感が伝わりますでしょうか。そしてこんなに大きなMy Sejahtera用のQRコードを初めて見ました。(礼拝時の混雑を緩和させるためでしょうか)

クアンタンの街を見守る白と水色のモスク【Sultan Ahmad 1 Mosque】@マレーシア パハン

細かいアラベスク模様の壁の装飾美しいアーチにもうっとりします。

クアンタンの街を見守る白と水色のモスク【Sultan Ahmad 1 Mosque】@マレーシア パハン

こちらはターコイズカラーの時計塔。

クアンタンの街を見守る白と水色のモスク【Sultan Ahmad 1 Mosque】@マレーシア パハン

所在地

Sultan Ahmad 1 Mosque
住所:Jalan Mahkota, Kompleks Pentadbiran Kerajaan Negeri Pahang, 25000 Kuantan, Pahang

アクセス

クアンタン「Sultan Ahmad Sha空港」から街の中心部までは車で約20分。

〈車/駐車スペース〉
モスク敷地目の前に広い駐車スペースあり。

開館時間

AM5:30 – PM11:00

モスクの中を見学する場合。男性は長ズボンや袖のある服、女性は肌と髪を隠す必要がありますので見学したい場合は服装注意です。また、礼拝者が優先となる場所ですのでルールやマナーを事前に確認し守るようにしましょう。モスクによっては礼拝時間や金曜日には見学ができない場合もあります。

入場料

無料

まとめ

街の中心部から徒歩で行ける立地のため、外からのみですが昼も夜もモスクの様子をみることができました。中にあるステンドグラスも素晴らしいそうですが私が訪れた時は残念ながら内部の見学ができない時期だったため、いつか再訪できた際には中の見学もしてみたいです。クアンタンに訪れる方で興味のある方はぜひその美しい外観と、時間がある方は見学をしてみてはいかがでしょうか。

今回、東海岸旅の始まり「クアンタン」を一緒に旅をさせていただいたマレーシア在住のナオコさんのブログ記事です。モスク内の様子やステンドグラスの写真もこちらの記事からみることができます。

LANI
LANI

13州制覇済みでマレーシアマスターでもあるナオコさんは、旅で訪れただけでは知ることのできないマレーシアでの生活やリアルなど興味深い記事もたくさん執筆されていて、私も一人の女性として尊敬する方。ナオコさん目線の記事やマレーシアに興味のある方もぜひ必読です。

本記事内容の引用元・参考リンク・サイト一覧

クアンタン記事リンク一覧

記事の内容は2022年1~2月に訪問した時点の情報です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう!
マレーシアでの日常生活やスナップ写真、新記事更新時もツイートでお知らせしています。記事についての疑問や質問、感想等もリプライやDMから頂けると嬉しいです。
\記事が参考になったなと思ったらクリックで応援お願いします/
このブログを書いてる人

2021年~夫婦でマレーシア クアラルンプール在住。
元旅行仕事人。旅行のおすすめ情報やマレーシアでの帯同生活、ペットとのくらしに役立つ情報を中心に「私自身が知りたかったこと」を軸に記事を書いています。同じような悩みを持つ方や、旅行の計画やお出かけのアイデアに役に立つと嬉しいです。
LANI(帯同)・PON(夫)・Ginnie(マレーシア生まれの保護猫)

LANIをフォローする
旅行&観光
スポンサーリンク
LANIをフォローする
マレーシア 猫と暮らすKLライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました