【ポートディクソン観光】500年の歴史ある灯台とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン

【ポートディクソン観光】500年の歴史ある灯台公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬灯台 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン旅行&観光
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、マレーシア ヌグリスンビラン州の都市ポートディクソンにあるマラッカ海峡に飛び出している半島「タンジュントゥアン/Tanjung Tuan」別名「ラチャド岬/Cape Rachado」について、半島内にある各観光スポットの様子やおすすめポイントなどを撮影してきた写真とともに紹介します。

こんな人におススメな観光スポットです
  • ポートディクソンで立ち寄れる観光スポットを探している
  • あまり人のいない穴場の観光スポットやビーチが知りたい
  • トレッキングや自然公園を歩くのが好き
  • マラッカ海峡が見渡せる歴史ある灯台を見てみたい

クアラルンプールから南に90㎞、気軽に行けるビーチリゾートとして人気の街「ポートディクソン」。現在マレーシアクアラルンプールに住む私たちが日帰りで遊びに行った際に訪れたおすすめのスポットについて写真と一緒に情報や様子をレポート。

スポンサーリンク

Cape Rachado/Tanjung Tuan 情報

ポートディクソンの地図上で、いちばん南側に飛び出している半島「Tanjung Tuan/タンジュン・トゥアン」ポルトガル語名の「Cape Rachado/ラチャド岬」とも呼ばれるそうです。

マラッカ州の飛び地

なんとこの場所、ポートディクソンの中にあるのですがこの岬にある自然公園(灯台を含む)の場所だけは「マラッカ州」の飛び地。全然知らずに訪問したのですが、この場所のランドマークである灯台まで歩いた際ふもとに「@Melaka」と書かれているのを見て初めて知りました。

【ポートディクソン観光】自然保護公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン
Tanjung Tuan @ Melaka とあってあれなんで?となりました。

地理がイマイチ分からない方へ▼
マラッカ州はポートディクソンのあるヌグリスンビラン州のすぐ南の州。地図でみるとポートディクソンの突き出たタンジュントゥアンの岬からは離れていることが分かると思います。

飛び地の理由と歴史

なぜここだけマラッカなの?

ポルトガルが1511年にマラッカ王国を征服した際、ポルトガル人が自分たちの船を導くため、また敵船を監視するために灯台を建設することに。マラッカ海峡に面し見渡しも良いタンジュントゥアンの岬はその好条件な立地により選ばれ、ポルトガル人によって灯台が建てられる。そして岬は彼らによってポルトガル語で「Cape Rachado/ラチャド岬」と名付けられた。その後も長い歴史の中で、マラッカを征服した国によって管理されてきたこの灯台。そんな歴史もあり、この場所だけは今日もマラッカ州の管轄になっているんだそう。
(引用参考:Wikipedia-Tanjung Tuan)

LANI
LANI

歴史的にも地理的にもかなり重要な場所だったんだね。

【ポートディクソン観光】自然保護公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン
岬の先にある灯台「Cape Rachado Lighthouse」

岬までのアクセス

〈公共交通〉
鉄道:KTMスレンバン線Gemas方面 Seremban駅まで行く→タクシーで約45分。または Seremban駅からは途中(最寄りのPolymall Jalan Pantai駅)まではバスで行くこともできますがそこから岬まで歩きで45分。途中で1度乗り換えが必要なことと、3時間半ほどかかるようなのでスレンバン駅からタクシーを使う方が良いと思います。
〈タクシー/Grab等〉
KL Sentral駅から車で約90分。※最速の場合/その日の渋滞の状況による
〈車/駐車スペース〉
本記事で紹介している各スポットには基本的に駐車スペースあります。

Cape Rachado/Tanjung Tuanの見どころ

私たちが実際に訪れた場所を4カ所ご紹介します。全て岬の中にあるスポットです。

【ポートディクソン観光】500年の歴史ある灯台公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬灯台 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン
この記事で紹介するスポット
  • Tanjung Tuan Recreational Forest
    (自然保護公園)
  • Cape Rachado Lighthouse
    (ラチャド岬灯台)
  • Blue Lagoon
    (ブルーラグーンビーチ)
  • Pantai Cermin
    (パンタイセルミンビーチ)

Tanjung Tuan Recreational Forest(自然保護公園)

入り口

灯台がある場所まで、公園内片道約20分のトレッキングコース。車両は入れないので車は門の前に停めて、ここからは徒歩で進みます。

【ポートディクソン観光】自然保護公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン
入り口付近ではサルもみかけました。
Tanjung Tuan Recreational Forest · Jalan Pantai, Tanjung Tuan, 71050 Melaka, マレーシア
★★★★☆ · 自然保護公園

▼公園の目の前に駐車場があります。

【ポートディクソン観光】自然保護公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン

トレッキングコース

▼コースはしっかり舗装されていて道も広く歩きやすいです。木陰が多くそんなに暑くないのも良い。トイレもありますが、勇気がいる感じ(▼1枚目の建物)。途中にも休憩スペースがあります。

Cape Rachado Lighthouse(ラチャド岬灯台)

坂をのぼった先に、ラチャド岬灯台が現れます。

【ポートディクソン観光】自然保護公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン
Cape Rachado Lighthouse · 71050, Melaka, マレーシア
★★★★☆ · 観光名所

2022年3月現在、残念ながら灯台の中には入れません。

中には入れないものの、灯台の景色と周囲から見える海の色は綺麗でした。

【ポートディクソン観光】自然保護公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン
【ポートディクソン観光】自然保護公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン
青い空に白い灯台のコントラストが良い

この灯台は1528年ごろ建設されたマレーシア最古の灯台なのだそうで、2022年現在でなんと494年歴史(もちろん建物自体は建て替わっています)

PON
PON

約500年も前にここに灯台が建てられ、当時のポルトガル人達がここから同じ海を眺めていたんだなと思うと感慨深いね。(世界史大好きなPON)

灯台周辺の景色

【ポートディクソン観光】自然保護公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン
ヤシの木で隠れてますが、ここから見えた海は絶景でした。

別スポットへのルート

▼灯台の左側に森へと続く道があって、進むとバードウォッチングの看板や説明書きなどがあるエリアも発見。ここを進むと半島の先にあるビーチにたどり着くこともできるようです。※足場は悪めで、特に小さなお子さんには危ない道だと思うので注意してください。

ジニー
ジニー

この岬はバードウォッチングの名所でもあるんだってさ。カカカカッ(猫クラッキング)

絶景ポイント「Batu Putih」

トレッキングコース途中の別の道を進むとPeakポイントまでトレッキングができるようなのですが、私たちはこの時お腹が空きすぎていたため断念(笑)。興味のある方は絶景が見られるPeak Pointの「Batu Putih」まで挑戦してみては?(写真をみると途中岩をロープで登る必要があるみたいなので挑戦する場合はそれなりの格好で。)

bukit-batu-putih引用写真
引用元:visitmalaysia.info

Blue Lagoon(ブルーラグーンビーチ)

ポートディクソンのビーチといえば、西側にロングビーチが続くエリアが有名ですが、私たちは岬に寄ったついでに行ける、岬ふもとの人里離れたビーチに寄りました。Blue Lagoon(ブルーラグーンビーチ)はマレー語名ではPantai Tanjung Biruとも呼ばれます。

【ポートディクソン観光】自然保護公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン
Blue Lagoon · Jalan Pantai, 71050 Port Dickson, Negeri Sembilan, マレーシア
★★★★☆ · 海水浴場

▼残念ながら引き潮のタイミング。でも遊びに来ている地元のファミリーで賑わっていました。

通常晴天時の景色

潮が満ちていて天気が良ければこんなに綺麗なビーチ。マリンアクティビティも色々あるようです。

blue-lagoon引用写真
引用元:visitmalaysia.info

フードコート情報

ビーチ目の前には広い屋根付きのフードコートがあります。

【ポートディクソン観光】自然保護公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン

▼海を眺めながら食べるシーフードナシゴレン、最高に美味しかったです。(飲み物込みで10RMくらい)

【ポートディクソン観光】自然保護公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン

Pantai Cermin(パンタイセルミンビーチ)

ブルーラグーンビーチのすぐ反対側にもうひとつビーチがあるので、立ち寄ってみました。(歩いて5分ほどの距離)

【ポートディクソン観光】自然保護公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン
Pantai Cermin · batu 10, Jalan Pantai, 71050 Port Dickson, マレーシア
★★★★☆ · 観光名所

こちら側は、全然人が少ないビーチでした。でも海はキレイで時間的にも日陰が多く、気持ち良かったです。人が居なくて静かで落ち着いている雰囲気が気に入りすぎて、私たちはここで1時間以上波の音をききながらゆっくり過ごしました。

ブルーラグーン側の砂は白かったのですが、パンタイセルミン側の砂はオレンジ色です。潮の流れや地質の違いで色が違うんだそうですが、面白いですよね。

【ポートディクソン観光】自然保護公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン

かわいい巻貝やシーグラスも拾えました。(ビーチコーミング大好きなLANI)

【ポートディクソン観光】自然保護公園とふたつのビーチを歩く|ラチャド岬 Cape Rachado Tanjung Tuan@マレーシア ヌグリスンビラン

ホテル情報

このパンタイセルミンビーチからは、ポートディクソン随一の五つ星水上コテージリゾートホテル「Lexis Hibiscus Port Dickson/レクシス ハイビスカス ポート ディクソン」も見えます。宿泊もしてポートディクソン旅をゆっくり楽しむ予定であれば、ラチャド岬がすぐそばの立地なので気軽に立ち寄ることも出来ると思います。(なんと水上コテージはハイビスカスのかたち!)

レクシス ハイビスカス ポート ディクソンの空室と料金を検索/比較する→【ホテルズコンバインド】

まとめ

この記事で紹介したスポット
  • Tanjung Tuan Recreational Forest
    (自然保護公園)
  • Cape Rachado Lighthouse
    (ラチャド岬灯台)
  • Blue Lagoon
    (ブルーラグーンビーチ)
  • Pantai Cermin
    (パンタイセルミンビーチ)

以上私たちが実際に訪れた、岬の中の4つのスポットを紹介しました。ゆっくり景色を楽しんだり、より自然が楽しめる場所に行きたい、人の少ないビーチに行きたいという場合にはラチャド岬はポートディクソンの中でもとてもおすすめのエリアだと思います。みどころがいくつも近くに集中しているので、車があればすぐに移動もしやすいところも便利でした。

LANI
LANI

ポートディクソンへのお出かけ情報の参考になれば嬉しいです!

記事の内容は2022年1月に訪問した時点の情報です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう!
マレーシアでの日常生活やスナップ写真、新記事更新時もツイートでお知らせしています。記事についての疑問や質問、感想等もリプライやDMから頂けると嬉しいです。
\記事が参考になったなと思ったらクリックで応援お願いします/
このブログを書いてる人

2021年~夫婦でマレーシア クアラルンプール在住。
元旅行仕事人。旅行のおすすめ情報やマレーシアでの帯同生活、ペットとのくらしに役立つ情報を中心に「私自身が知りたかったこと」を軸に記事を書いています。同じような悩みを持つ方や、旅行の計画やお出かけのアイデアに役に立つと嬉しいです。
LANI(帯同)・PON(夫)・Ginnie(マレーシア生まれの保護猫)

LANIをフォローする
旅行&観光
スポンサーリンク
LANIをフォローする
マレーシア 猫と暮らすKLライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました