マレーシアにあるロシア 8つのカラフルドームが目を惹くモスク【Masjid Lapan Kubah】@マレーシア トレンガヌ

Masjid Lapan Kubah旅行&観光
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、マレーシア トレンガヌ州のJertehにあるイスラム教モスク「Masjid Lapan Kubah」について、実際に撮影してきた写真とともに建物の様子について紹介します。

こんな人におススメな観光スポットです
  • トレンガヌの観光スポットを探してる
  • 宗教建築・建造物を見るのが好き
  • モスク・イスラム建築が好き

現在マレーシアクアラルンプールに住む私たちは、2022年旧正月期間(1月末~2月初旬)にクアンタン/コタ・バル/トレンガヌ へ「マレー半島東海岸縦断旅」をしてきました。旅行中立ち寄った場所のなかから、それぞれの場所でおすすめのスポットをピックアップして写真と一緒に情報や様子をレポートします。

スポンサーリンク

トレンガヌ州の小さな村「Jerteh」

クアラルンプールから北東の方向、マレー半島の東海岸側に位置する南シナ海に面して長く伸びるかたちのトレンガヌ州

今回の旅ではクアンタンの街を出発した次は、北にまっすぐトレンガヌ州の中を通り抜け最北のクランタン州に向かいました。

マレーシアにロシア建築?!8つのカラフルドームが目を惹くモスク【Masjid Lapan Kubah】@マレーシア トレンガヌ
クアンタンからトレンガヌを通ってコタ・バルへ

その道中で立ち寄ったトレンガヌ州の北端にある「Jerteh」という小さな村で出会った立派なイスラム教モスクを3か所紹介します。※訪問した順番に記事を書いているため州ごとの記事がバラバラになっていますがご了承ください。

Masjid Lapan Kubah 情報

古く老朽化していた木造モスクを建て替え、2018年に新たに完成したイスラム教モスク。建物デザインは、ロシアのシンボル的建物でもあるモスクワにある聖ワシリイ大聖堂を参考にして建てられたそうで、地元の人々からは「マスジッドロシア(ロシアのモスク)」とも呼ばれているそうです。

PON
PON

すごい!これはめちゃくちゃロシア!!

マレーシアにロシア建築?!8つのカラフルドームが目を惹くモスク【Masjid Lapan Kubah】@マレーシア トレンガヌ
本家 聖ワシリイ大聖堂 と比べてみる

こちらはロシアといえば!なランドマーク的建物「聖ワシリイ大聖堂」ロシアの首都モスクワ、赤の広場にあるロシア正教会の大聖堂。

the famous saint basil s cathedral in russia
Photoby ДмитрийТрепольский on Pexels.com

その特徴的な玉ねぎ型ドームやメルヘンチックな色、土台の色や模様も写真手前の塔とそっくり。

LANI
LANI

ドーム塔の数が8つあるところ、塔の高さがバラバラなところも本家と同じだね。面白い!

調べたところ、建て替えの際に「村のランドマークとなってたくさんの人に訪れてもらいたい」という村民を含めたメンバーの想いからこのデザインが採用されたのだそう。地元の人々からは議論も巻き起こったようですが、特に若い世代からの支持が多く、実現したのだとか。

LANI
LANI

他の国、ましてや他の宗教の建築様式をイスラム教モスクに取り入れるというのはかなりチャレンジングだったのではないかな?他のイスラム教を主とした国と比べ、多様性が身近なマレーシアだからこそ実現できるデザインなのかもしれないね。(まだまだ知識の浅い私の個人的な見解です。)

実際に、若い世代を中心にこのモスクへ訪れる信者や旅行客も多いのだそう。SNSの力は強いですね。私もこの場所の存在はInstagramで見かけてそのインパクトに驚き知りました。今回は旅の通り道だったため、寄ることができました。

入り口

モスクは、田園風景が広がる村の集落の中に突然現れます。

マレーシアにロシア建築?!8つのカラフルドームが目を惹くモスク【Masjid Lapan Kubah】@マレーシア トレンガヌ
マレーシア国旗とトレンガヌ州旗がはためいています。

門から敷地内に車でそのまま入れ、左奥の方に駐車スペースもあります。手前にある赤い建物の屋上に登って皆さんモスクをバックに記念撮影をしていま

マレーシアにロシア建築?!8つのカラフルドームが目を惹くモスク【Masjid Lapan Kubah】@マレーシア トレンガヌ

また、この赤い建物は小さな売店になっているので飲み物や軽食なども調達できるようになっていました

モスク写真

屋上から左アングル

この屋上からモスク全体を見渡せます。ここは本当にマレーシアなのかなんだか不思議に感じる空間

マレーシアにロシア建築?!8つのカラフルドームが目を惹くモスク【Masjid Lapan Kubah】@マレーシア トレンガヌ

私たちもここで記念撮影をしましたが、トレンガヌにいるはずなのに何故かロシア旅行の写真みたいになりました。立派なロシア建築の様式がまさかマレーシアで見られるなんて、おもしろいですよね。

マレーシアにロシア建築?!8つのカラフルドームが目を惹くモスク【Masjid Lapan Kubah】@マレーシア トレンガヌ

地上から右アングル

この看板完全に撮影スポットと化してます。

マレーシアにロシア建築?!8つのカラフルドームが目を惹くモスク【Masjid Lapan Kubah】@マレーシア トレンガヌ

可愛らしい休憩用ベンチも設置されています。

マレーシアにロシア建築?!8つのカラフルドームが目を惹くモスク【Masjid Lapan Kubah】@マレーシア トレンガヌ

正面アングル

マレーシアにロシア建築?!8つのカラフルドームが目を惹くモスク【Masjid Lapan Kubah】@マレーシア トレンガヌ

空撮

Instagramの写真をお借りしています。モスクの周りが田んぼに囲われたエリアというのが良く分かるかと思います。

所在地

Masjid Lapan Kubah
住所:1315, Jalan Masjid, Kg, Jalan Lapan Kotak, 22000 Jerteh, Terengganu

アクセス

トレンガヌ「Sultan Mahmud空港」からモスクまでは車で約80分。
クランタン「Sultan Ismail Petra空港」からモスクまでは車で約80分。
※プルヘンティアン島へ向かう場合、船が出る「Kuala Besut」の港から車で約15分の距離。

〈車/駐車スペース〉
モスク敷地内に広い駐車スペースあり。

開館時間

AM5:00 – PM10:00

モスクの中を見学する場合。男性は長ズボンや袖のある服、女性は肌と髪を隠す必要がありますので見学したい場合は服装注意です。また、礼拝者が優先となる場所ですのでルールやマナーを事前に確認し守るようにしましょう。モスクによっては礼拝時間や金曜日には見学ができない場合もあります。

入場料

無料

まとめ

マレー半島の東海岸の州は特にマレー系マレーシア人の割合も多い地域のため、車で走っていてもモスクの数も他の地域以上にとても多いように感じました。伝統的なデザインから、ユニークなデザインの建物まで、それぞれのモスクに個性があって、東海岸旅の中でモスクを巡るのはとても面白かったです。トレンガヌやクランタンに訪れる予定で興味のある方は、ぜひこの不思議な景色が楽しめる通称『ロシアモスク』にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

Masjid Lapan Kubah
本記事内容の引用元・参考リンク・サイト一覧

記事の内容は2022年1~2月に訪問した時点の情報です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう!
マレーシアでの日常生活やスナップ写真、新記事更新時もツイートでお知らせしています。記事についての疑問や質問、感想等もリプライやDMから頂けると嬉しいです。
\記事が参考になったなと思ったらクリックで応援お願いします/
このブログを書いてる人

2021年~夫婦でマレーシア クアラルンプール在住。
元旅行仕事人。旅行のおすすめ情報やマレーシアでの帯同生活、ペットとのくらしに役立つ情報を中心に「私自身が知りたかったこと」を軸に記事を書いています。同じような悩みを持つ方や、旅行の計画やお出かけのアイデアに役に立つと嬉しいです。
LANI(帯同)・PON(夫)・Ginnie(マレーシア生まれの保護猫)

LANIをフォローする
旅行&観光
スポンサーリンク
LANIをフォローする
マレーシア 猫と暮らすKLライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました