【クアラトレンガヌ観光】ウミガメ保護のメッセージが込められた小さな路地モザイクアート|Turtle Alley@マレーシア トレンガヌ

【トレンガヌ観光】ウミガメ保護のメッセージが込められた小さな路地モザイクアート|Turtle Alley@マレーシア クアラトレンガヌ旅行&観光
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、マレーシア トレンガヌ州の州都クアラ・トレンガヌの街にある観光スポット「Turtle Alley/海龟巷/タートル・アレイ」について、スポットの概要やおすすめポイントなどを撮影してきた写真とともに紹介します。

こんな人におススメな観光スポットです
  • クアラトレンガヌの観光スポットや写真スポットを探してる
  • チャイナタウン周辺に寄る予定がある

現在マレーシアクアラルンプールに住む私たちは、2022年旧正月期間(1月末~2月初旬)にクアンタン/コタ・バル/トレンガヌ へ「マレー半島東海岸縦断旅」をしてきました。旅行中立ち寄った場所のなかから、それぞれの場所でおすすめのスポットをピックアップして写真と一緒に情報や様子をレポートしています。

スポンサーリンク

Turtle Alley 海龟巷 情報

クアラルンプールから北東、マレー半島の反対側東海岸に位置するトレンガヌ州、州都の街「クアラ・トレンガヌ。街の中心街の見どころのひとつで、300年以上の歴史があると言われるチャイナタウン。

トレンガヌのチャイナタウン200年の歴史ある中国寺院【Ho Ann Kiong Temple 和安宮】@マレーシア クアラトレンガヌ

そのなかに、ウミガメ保護のメッセージの込められた可愛らしいモザイクアートがみられる小さな路地があります。

【トレンガヌ観光】ウミガメ保護のメッセージが込められた小さな路地モザイクアート|Turtle Alley@マレーシア クアラトレンガヌ

とても狭くて小さな路地なので、事前に知らないと見逃してしまうかもしれません。これからクアラトレンガヌ、チャイナタウン近辺に寄られる方にぜひおすすめしたく記事にしました。

トレンガヌ州とウミガメ

マレーシアの東海岸沿い、特にトレンガヌ州の海岸や離島は時期になるとたくさんの野生のウミガメ達が産卵に来る場所として国内でも有名なスポットです。

photo of a turtle near a coral reef
Photo by Matt Botha on Pexels.com

そのためトレンガヌ州ではお土産グッズにも、街の壁画アートやモニュメントにもウミガメのデザインがあしらわれている事が多く、州のマスコット的存在にもなっています。

概要と歴史

『Turtle Alley 海龟巷』は、地元でウミガメの生態や保護について研究をされているChan Eng Heng博士からのメッセージを含め、ウミガメをはじめその他絶滅危惧動物について人々にメッセージを伝えるために、地元の協会や住民たちが協力してアートを作成し、2013年にオープンしたスポットなのだそう。

チャイナタウン側の入口

チャイナタウンから行く場合たまごから孵るウミガメの赤ちゃんモニュメントが目印。

【トレンガヌ観光】ウミガメ保護のメッセージが込められた小さな路地モザイクアート|Turtle Alley@マレーシア クアラトレンガヌ

ベイエリア側の入口

こちらには大きな大人のウミガメモニュメント。観光客たちのちょっとしたフォトスポットにもなっていました。

【トレンガヌ観光】ウミガメ保護のメッセージが込められた小さな路地モザイクアート|Turtle Alley@マレーシア クアラトレンガヌ

▼更に、路地の入り口付近には大きくて素敵なモザイク作品。左の『PENYU』というのはマレー語で『亀』という意味です。

【トレンガヌ観光】ウミガメ保護のメッセージが込められた小さな路地モザイクアート|Turtle Alley@マレーシア クアラトレンガヌ

路地内のアートたち

※夕方に撮影したので写真が少し暗いですがご了承ください。

【トレンガヌ観光】ウミガメ保護のメッセージが込められた小さな路地モザイクアート|Turtle Alley@マレーシア クアラトレンガヌ

▼ウミガメの卵を食べるのはやめてねというメッセージ

【トレンガヌ観光】ウミガメ保護のメッセージが込められた小さな路地モザイクアート|Turtle Alley@マレーシア クアラトレンガヌ

▼カメについての豆知識やクイズなどもイラストやアートで紹介されています。

【トレンガヌ観光】ウミガメ保護のメッセージが込められた小さな路地モザイクアート|Turtle Alley@マレーシア クアラトレンガヌ
メッセージはところどころマレー語・英語・中国語でも表記あり

小さなお子さんから大人まで楽しめるちょっとした癒されスポット。チャイナタウンの通りからベイエリアへ通り抜けられる近道でもあります。

【トレンガヌ観光】ウミガメ保護のメッセージが込められた小さな路地モザイクアート|Turtle Alley@マレーシア クアラトレンガヌ

▼側面には、地元の人々が作成したカメにまつわる小さなモザイク作品がずらーっと並んでいます。ひとつひとつ個性的で可愛い。

【トレンガヌ観光】ウミガメ保護のメッセージが込められた小さな路地モザイクアート|Turtle Alley@マレーシア クアラトレンガヌ

▼地面にもいろんな表情や色・サイズのモザイクカメさん。

【トレンガヌ観光】ウミガメ保護のメッセージが込められた小さな路地モザイクアート|Turtle Alley@マレーシア クアラトレンガヌ

所在地

Turtle Alley
住所:219, Jalan Kampung Cina, 20100 Kuala Terengganu, Terengganu

アクセス

トレンガヌ「Sultan Mahmud空港」からチャイナタウンまでは車で約15分。

〈車/駐車スペース〉
チャイナタウンの通り沿いに駐車スペースがありますが、混み合っていると停めるの大変なので、その場合はベイエリア側に停める方が駐車スペースに余裕あるかと思います。

開館時間

24時間(夜はライトアップありましたが、何時までかは不明)

入場料

無料

まとめ

チャイナタウンを歩いていてたまたま見つけたスポットでしたが、カメたちのモザイク画やモニュメントもとてもかわいくて癒されました。トレンガヌの地元の人々の、ウミガメに対する愛が伝わってくるような場所でもありました。

チャイナタウンやベイエリアに行く予定がある方は、さくっとみられますのでぜひ見学をおすすめしたいスポットです。

【トレンガヌ観光】ウミガメ保護のメッセージが込められた小さな路地モザイクアート|Turtle Alley@マレーシア クアラトレンガヌ
本記事内容の引用元・参考リンク・サイト一覧
LANI
LANI

トレンガヌ州への旅行や観光スポットの情報収集をされている方へ、記事の内容が参考になれば幸いです。

記事の内容は2022年2月に訪問した時点の情報です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう!
マレーシアでの日常生活やスナップ写真、新記事更新時もツイートでお知らせしています。記事についての疑問や質問、感想等もリプライやDMから頂けると嬉しいです。
\記事が参考になったなと思ったらクリックで応援お願いします/
このブログを書いてる人

2021年~夫婦でマレーシア クアラルンプール在住。
元旅行仕事人。旅行のおすすめ情報やマレーシアでの帯同生活、ペットとのくらしに役立つ情報を中心に「私自身が知りたかったこと」を軸に記事を書いています。同じような悩みを持つ方や、旅行の計画やお出かけのアイデアに役に立つと嬉しいです。
LANI(帯同)・PON(夫)・Ginnie(マレーシア生まれの保護猫)

LANIをフォローする
旅行&観光
スポンサーリンク
LANIをフォローする
マレーシア 猫と暮らすKLライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました