【動物病院レビュー】愛猫が骨折?!クアラルンプールの24時間対応救急動物病院へ【Animal Medical Center(AMC)】

ペット情報
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、クアラルンプールにある24時間対応の救急動物病院【Animal Medical Center(AMC)】の所在地や連絡先等の概要情報と、2021年6月に私たちが実際に受診した際の様子・感想についてまとめています。緊急で夜間・休日救急のあるクアラルンプールの動物病院の情報を探されている方などへ、少しでも情報が参考になれば幸いです。

こんな人におススメな記事で
  • クアラルンプールの救急動物病院の情報が知りたい
  • ペットとのクアラルンプール移住を検討中
  • ペットとクアラルンプールへ渡航を控えている
  • 現在クアラルンプールでペットと生活中
スポンサーリンク

Animal Medical Center(AMC) について

KLのメイン病院について

病院名: Animal Medical Center (Main Hospital
住所: Wisma Medivet, 8, Jln Tun Razak, 50400 Kuala Lumpur
✓営業時間: 24時間営業(詳細は下記を参照ください)
✓電話番号: 6(03) 4042 6742 & 
4042 5873 (24時間対応)
言語は英語対応しています。日本語は対応していませんのでご注意ください。

病院の所在地

クアラルンプールにあるメイン病院は、地図のKL中心から北の方向、Jalan Tun Razak 沿い、鉄道の最寄り駅は Titiwangsa 駅です。セランゴールの Ulu Klang にも系列の病院があるようです。

営業時間詳細について

  • 相談
    月曜日から金曜日:午前9時~午後9時
    土曜日・日曜日:午前9時〜午後6時
    ※公式サイトから予約可能
  • 緊急診療
    月曜日から金曜日:午後9時~午前9時
    土曜日・日曜日:午後6時~午前9時
    緊急診療連絡先:+603 4042 6742(24時間)

    ※救急対応ができるのは専門医の在籍の関係で犬と猫のみのようです。
  • 通常診療/訪問
    ペットを連れてくる前に、受付カウンターまで要連絡
    月曜日から土曜日:午前11時~午後7時30分
    日曜日:午前11時~午後5時30分
  • 退院
    月曜日から土曜日:午前10時~午後8時
    日曜日:午前10時~午後5時
  • 祝日対応 
    お問い合わせ先電話番号+603 4042 6742(24時間)
    ※祝日対応の場合割増料金を加算した請求となります。すべての相談や緊急時対応に適用されます。

公式ホームページ

病院の概要

下記に記載の内容は、公式サイト内の「About Us – Who We Are」ページより、概要文の一部内容を抜粋して掲載しました。

  • 1972年に開業した動物病院
  • 獣医・医療スタッフは全員で70名以上在籍中
  • マレーシアプトラ大学獣医学部(UPM)の獣医学部を卒業するための教育訓練病院として、マレーシアで唯一認定された私立獣医病院である
  • 24〜48時間以内にペットの状態を確実かつ暫定的に診断できる
  • ペットの状態をしっかりと理解し、専門的なケアを提供できる
  • ペットの医学的懸念についての明確で簡潔な説明ができる
  • セカンドオピニオンのため、12の独立した獣医専門センターの専門家とつながる獣医データベースがある
  • 訓練を受けた獣医看護師と技術者による24時間体制の監督とアフターケアがある 等々(以下略)
LANI
LANI

上記を読む限り、動物病院としての歴史や実績もありしっかりした信頼できる病院なのかなという印象が持てます。

2021年6月AMC受診時の記録

PON
PON

ここからは、実際に私たちがAMCへ訪問した際の状況を時系列にお伝えしていきます

日曜日の午後、事件発生!

この日は休日で夫婦・ジニーともに家でまったり過ごしていました。夕方部屋の中が暑くなってきたのでクーラーを付けようと思い、開放していた各部屋のドアを閉めていました…すると突然、

ジニー
ジニー

ギャオン!!!!!!

と今まで聞いたことのないジニーの叫び声が聞こえ、一瞬何が起こったか分からなかったのですが、その後ジニーの姿を見つけて何が起こったのか悟りました。まさかドアに挟んでしまった!!!!!!!!!?

事件発生当時の想像イメージ図

いつも気を付けていたつもりだったのですが、ジニーはタワーの上に横たわっていたので「来るはずがない」と思い込み、足元をちゃんと確認せずに思い切りドアを閉めてしまったことをとても悔やみました。その後ジニーは右前脚を上げた状態のまま痛そうにしながら悲しそうな顔をしていて歩き方も右をかばいながらひょこひょこ触ってみると左前脚よりも少し腫れている感じ。とにかくその時の私は、ショックでパニック状態に陥ってしまい大号泣。勢いよくドアを閉めたので、しっかり挟んだのであればジニーの右前脚の骨は折れてしまったかもしれないと思いました。

事件発生後のジニーの様子。今見ても泣きそうになります。ごめんね。

病院へ電話連絡

この日は日曜日。しかも夕方18時半過ぎ。MCO中。でも一刻も早く病院に連れて行かないと!ということで、パニック状態の私に代わり、夫が救急動物病院(AMC)へ連絡を取ってくれました。事前リサーチしていたのでクアラルンプール内に救急の動物病院があることは知っていたのですが、まさかこんなに早く使うことになるとは。

緊急で訪問する場合も病院に念のため連絡しておくと安心です。電話が難しい場合はWhatsappも出来るようです。(どちらも英語のみです)
緊急診療連絡先:+603 4042 6742(24時間)

夫が冷静に動いてくれたおかげで、すぐにAMCへ連れていくことに。ジニーの様子も少し落ち着いてきたので、骨折ではなくて捻挫かもしれない?ということで念のため保冷剤を少しずつ当てながら車で病院へ向かいました。でもやっぱりまだ痛そうにしている

19時半頃、車で病院到着

病院前の駐車場には5~6台ほど停められるスペースがありました。

入り口でQRコードスキャン・検温を済ませ中へ。

受付カウンターの様子。予約した名前を伝え、初診の書類を記入します。ペット手帳(ワクチン接種歴などを記載してあるもの)も提出。病院内はとても綺麗で清潔な印象でした。

感染対策のため診察には1人しか入れないと言われてしまったので、夫が説明するため入ることに。その間私はジニーの無事を祈りながらこちらの外の待合スペースで待機していました。

診察開始

病院の中の様子。手前にガラス張りの相談用スペース、奥に診療室が並び、広々としたスペース。

そしてジニーは診察へ。診てくれたドクターは女性のインド系マレーシア人の方。ジニーの生活ぶりや普段の様子、ごはんや排せつのことなどをヒアリングしたうえで前脚周辺を念入りに繰り返し触診。

そして…ドクターからの診断結果は「骨折も捻挫もなく特に問題なし」でした。診察から帰ってきたジニーは何故かケロッとした顔をしていて、脚もさっきよりなんだか大丈夫そう。とにかく安堵しました。

LANI
LANI

診察の様子はどうだった?

PON
PON

ドクターは終始優しい雰囲気で、丁寧に説明してくれたよ。最初、英語で聞かれる質問の動物医療の専門用語があまり分からなかったんだけど、ドクターが察して分かりやすい簡単な英語に言い換えてくれたおかげで、大丈夫だった!

LANI
LANI

外国人に対しても優しいドクターで良かったね!
ジニーの様子は?暴れなかった?

PON
PON

ジニーは診察中、ひたすら診察台の上のにおい嗅いでたよ(笑)

ジニー
ジニー

いろんな仲間のにおいがしたにゃー(クンクン)🐾

処方薬と安静指示

食後に飲ませるタイプの痛み止めの薬とシリンジ

もしかしたら痛みが出ているかもしれないからと、5日分痛み止めの薬を出してもらいました。また、5日間は走ったりジャンプしたりさせずにできるだけ前脚を安静に過ごさせるために「ケージから出すのは禁止」「上下運動も禁止」とのお達しがドクターから出てしまったので、かわいそうだけど早く良くなってもらうため、ケージの1階部分のみで過ごせるように模様替え。この時は心底大きなケージを使っていて本当に良かったなと思いました。 5日間様子をみて、痛がっていたり異変があるようならまた受診してくださいという指示でした。

ケージ下段で安静にするジニー。病院おつかれさまでした。

診察代・薬代のお会計

お会計で支払ったのは下記の通りです。
✓薬代(痛み止め5日分):11RM(約285円)
✓診察代:150RM(約3880円)
✓合計:161RM(約4165円)

今回は処置等が必要なかったのでこのくらいで済んだのかなと思います。でも、はっきりとした診断が分かり、痛み止めも貰えて安心できたので、やはりすぐに救急病院で見てもらってよかったなと思いました。

病院の施設・建物情報

建物内の案内板を撮影しましたが、こちらの病院建物ビルが丸ごとグループのようで、2ndフロア(日本でいう3階)にはペットホテルやペットショップ、グルーミングサロンも併設しているようです。公式サイトにも写真や情報が載っています。私たちが訪問したのは日曜日の夜だったため残念ながら確認はできませんでいたが、トータル的にサービスが受けられるのは便利だなと感じました。

5日後の様子

そしてしばしの安静と毎晩の薬を頑張ってくれたジニー、すっかり元気を取り戻してくれました。本当に良かった!!!

まとめ

今回の事件でのAnimal Medical Center(AMC)での通院は、結果的に私たちは一度のみで終了しました。特別な処置が必要なかったこともあり、受付から診察時間を含め滞在時間は30分ほどで済みました。ドクターや受付スタッフの対応も良く連絡時や受け入れ時もとてもスムーズだったことから、総合的にとても良い動物病院だったという印象でした。何よりも緊急時(休日の夜)に対応してくれる病院があるというだけでもとてもありがたいことだと思いました。

結果的にジニーも元気になり、後遺症なども残らなくて本当に良かったと思うと同時に、もっと日頃から危険がないように気を付けながら生活をしなければと、さらに意識するようになりました。

おまけ:Google口コミについて

Animal Medical Center(AMC)Googleマップ上の口コミを見ると、2021年8月現在600件以上の口コミが付いており、平均スターポイントは3.2。内容を読んでいくと賛否両論分かれているので訪問前少し不安がありました。悪い口コミを読むと「料金が高い」というクレームがとにかくよく出てくるので、マレーシアの一般的な動物病院相場よりも金額が高め設定なのかもしれません。処置の内容などにもよると思うので一概には言えないと思いますが…。私たちの場合は今回の診察内容にも価格にも満足していますが、もしも緊急でない場合の診察はもう少し家から近い動物病院に連れていくかもしれません。もちろん受診の判断は自己責任ですが、 あくまでも私たちの感想としては、総合的にとても良い動物病院だったという印象でした

LANI
LANI

クアラルンプールの救急動物病院の情報をお探しの方へ参考になれば幸いです!

この記事が気に入ったら
フォローしよう!
マレーシアでの日常生活やスナップ写真、新記事更新時もツイートでお知らせしています。記事についての疑問や質問、感想等もリプライやDMから頂けると嬉しいです。
\記事が参考になったなと思ったらクリックで応援お願いします/
このブログを書いてる人

2021年~夫婦でマレーシア クアラルンプール在住。
元旅行仕事人。旅行のおすすめ情報やマレーシアでの帯同生活、ペットとのくらしに役立つ情報を中心に「私自身が知りたかったこと」を軸に記事を書いています。同じような悩みを持つ方や、旅行の計画やお出かけのアイデアに役に立つと嬉しいです。
LANI(帯同)・PON(夫)・Ginnie(マレーシア生まれの保護猫)

LANIをフォローする
ペット情報
スポンサーリンク
LANIをフォローする
マレーシア 猫と暮らすKLライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました